最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

結婚のプロポーズにサプライズを期待したら不幸になる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回は、結婚のプロポーズにサプライズは必要なのか、について見ていきます。

たとえば、ウエディング会場を運営している会社は、もうずっと少子高齢化で大変なのだそうです。だから、結婚関連の会社をやっている人のなかには、高齢者向けの事業をやるのか、ウエディング事業をやるのか、ひそかにこういう2択で迷った結果、結婚関連の会社をやっている人がいるそうです。

ウエディング事業を始めてしまえば、言うまでもなく今の時代は、なんらかのサプライズ的な演出を数多く取り揃える必要が出てきます。今の世は、サプライズが人気ですからね。



今回は、結婚のプロポーズにサプライズは必要なのか、について見ていきます。

たとえば、ウエディング会場を運営している会社は、もうずっと少子高齢化で大変なのだそうです。だから、結婚関連の会社をやっている人のなかには、高齢者向けの事業をやるのか、ウエディング事業をやるのか、ひそかにこういう2択で迷った結果、結婚関連の会社をやっている人がいるそうです。

ウエディング事業を始めてしまえば、言うまでもなく今の時代は、なんらかのサプライズ的な演出を数多く取り揃える必要が出てきます。今の世は、サプライズが人気ですからね。



■サプライズの影に隠れているものウエディング事業をしようと決心した人は言うまでもなく、競合の会社を意識します。つまり披露宴でいかにサプライズ的な演出を提供するか、ということに心を砕くそうです。

サプライズといっても、バブル期のように大掛かりなことはできません。ゴンドラに乗ってふたりが登場するとか、そういうお金がかかる披露宴をやる人って、少なくなりましたよね。

だから、小さなサプライズをやるそうです。最近人気なのが、果実酒づくりとか、コンフェッティだそうです。コンフェッティとは、ライスシャワーの代わりに、色とりどりの細かい紙吹雪が仕込まれているクラッカーを使う演出のこと。

ほかにも様々なサプライズがありますが、こういうのはもう予算と知恵との勝負です。そして、予算と知恵の勝負の影にいつも隠れてしまうのが、コトの本質です。

■結婚のプロポーズもおなじです披露宴の本来の意味からすれば、サプライズは、あればいいけど「なくてもいいもの」です。親族や友人知人に集まっていただいて、基本的な儀式が終われば、あとはみんなでアットホームにお食事会をするだけ、でもいいはずです。ようするに「気持ちの問題」だから。

結婚のプロポーズもおなじです。ようするに気持ちの問題がその本質であり、たとえば彼氏がヘリコプターを借りて、空から夜景を眺めつつ「結婚しようぜ」と言う……なんて演出は、べつになくてもいい。

それに、たとえば夜景が見える場所でプロポーズされたら、女子は舞い上がってしまって嬉しいでしょうけど、それが命取りになることもあります。「あとになって冷静に考えたら(地上に降りて冷静に考えたら)この男と結婚する約束をしたわたしって、もしかして舞い上がっていただけのバカ?」なんてことを思っちゃう人……まったくいなくもありません。

■「ホントにものすごく気の利くいいヤツ」か「彼女を騙してでも結婚したいヤツ」か?女子がもつある種のロマンティックな気持ちに火をつける役割として、結婚のプロポーズにおけるサプライズは、ないよりあったほうがいいのかもしれません。

でも、結婚のプロポーズという、男にとって「ここぞ」というときに、「あきらかに女子が舞い上がるサプライズを用意する」男というのは、2パターンです。

1つは「ホントにものすごく気の利くいいヤツ」。2つは「彼女を騙してでも結婚したいヤツ」です。

それ以外のその他大勢の男子は、地味に結婚のプロポーズをします。お金がないから、という理由もありますが、「ここぞ」というときは、みずからの心と真摯に向き合い、彼女の心と真摯に向き合い、落ち着いて告白「したい」のです。「したい」というのは、そうしないと誠実さが伝わらないだろうと思っているということです。

ホントに誠実で、あなたのことを守ってくれる彼は、ド派手なサプライズなんて、きっと求めないのです。

Written by ひとみしょう


外部リンク(恋学)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス