最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

メロンパン大躍進!? 高速道路「つい食べる物」は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 夏の行楽シーズンを迎え、マイカーでの旅行や帰省を計画している人は多いはず。高速道路を使うロングドライブにおいて、「サービスエリア」や「パーキングエリア」は、欠かせない“道のオアシス”だ。そこで今回は、そんなサービスエリアやパーキングエリアに立ち寄った際につい買ってしまう「好きな食べ物」を、マイカーを所有する100人の男女にリサーチしてみた。

◆「サービスエリア(パーキングエリア)でつい買っちゃう食べ物」ランキング

第1位:ソフトクリーム

第2位:コーヒー

第3位:ラーメン

第4位:メロンパン

第5位:アメリカンドッグ

第1位は、子どもから大人まで人気の「ソフトクリーム」。運転で頭と体が疲れてくると、甘い物が欲しくなりがち。ふだんはあまり食べない人も、サービスエリアでは「つい買ってしまう」という人が多いのではないだろうか。

続いて第2位は「コーヒー」。長時間の運転で一息つきたいときに、周囲の景色を眺めながら飲むコーヒーは格別。また、コーヒーに含まれているカフェインは、眠気覚ましとしても効果的だ。

第3位は、サービスエリアの定番メニューである「ラーメン」。最近は“ご当地モノ”を扱ったり、有名ラーメン店の出店も増えてきている。ラーメンの名所というサービスエリアに立ち寄った際は、「必ず食べる」という人も多いようだ。

第4位は、意外にも「メロンパン」。近年、サービスエリアを中心に“メロンパンブーム”が起こり、メロンパンを買うために高速を使う人がいるほど。このブームは「海老名サービスエリア」が発祥らしく、今ではいろいろなサービスエリアが趣向を凝らしたメロンパンを販売している。

第5位の「アメリカンドッグ」は、コンビニでもおなじみのジャンクフードで、片手で気軽に食べられるのが特長。甘い衣とボリューム感のあるソーセージが絶妙なバランスで、手早く小腹を満たすのにぴったりだ。

ちなみに「好きなサービスエリア(パーキングエリア)」についてもリサーチしてみた。一番多く名前が挙がったのは、東名高速道路にある「海老名サービスエリア」。1日の平均利用者数が上下線合わせて約6万人を誇る、超人気のサービスエリアだ。先に紹介したメロンパン以外にも、食べ物やお土産が充実しており、テレビなどでも頻繁に取り上げられている。「おいしい食べ物がたくさんある」(51歳女性)、「歩いているだけで楽しい」(34歳女性)と、評判もかなり良いようだ。

他には「関SA(上り線)。飛騨牛カレーパンがおいしい」(60歳男性)、「御在所SA。モクモク手づくりファームのハムが絶品」(30歳女性)、「上河内SA。宇都宮餃子ドッグがオススメ」(30歳男性)など、ご当地の名物を理由に挙げた人が多かった。さらに「壇ノ浦PA。関門海峡が見える」(53歳男性)、「浜名湖SA。浜名湖を臨む風景がステキ」(65歳男性)など、美しい景観を理由に選んだ人もいた。

ご当地グルメや美しい景観を売りに、観光名所になったサービスエリアが増加中。休憩するために立ち寄るだけでなく、旅の目的の一つとして楽しめる場所にもなりつつある。くれぐれも安全運転を心がけて、この夏はサービスエリアをたくさん活用してみてはいかがだろうか。


外部リンク(日刊大衆)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス