最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

クサいのはオジサンだけじゃない!夏の体臭防止法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑くなると、”体臭”が気になりますよね。”体臭”と聞くと、オジサンの加齢臭を連想しますが、女性にも体臭はあるのです。

体臭は、主に皮膚の雑菌によって汗や皮脂、アカに含まれる成分が分解されて、発生したガスがニオイの原因なのです。暑くなり汗をかく季節には皮膚の上で菌が繁殖しやすくなるので体臭を感じやすくなります。

■ニオイの元は?


皮膚には皮脂を分泌する”皮脂腺”と汗を分泌する”汗腺”があります。汗や皮脂の成分によってニオイは違ってきます。

汗腺には”エクリン腺”と”アポクリン腺”の二つの種類があり、それぞれ含まれる成分が違います。

エクリン腺は、ほぼ全身にあり暑い時や運動した時にかくサラサラとした汗を分泌します。エクリン腺からの汗の成分は99%が水で、他は塩分やアミノ酸、尿酸からなり、汗をかいて汚れがつくと菌が繁殖しやすくなり、時間とともにアミノ酸が分解されて体臭が発生します。

また、アポクリン腺は主にワキや性器周辺などにあり、分泌される汗は、水のほかにタンパク質や脂質、脂肪酸など、独特のニオイの元になる成分を含んでいます。

■予防はどうしたらいい……?


汗をそのままにしていると雑菌が繁殖してニオイの原因になります。

入浴で清潔にする

夏場は特に毎日入浴して雑菌のエサとなる皮脂やアカなどの汚れをキチンと落とし肌を清潔に保ちましょう。

石けん・ボディソープは、ニオイ防止に殺菌効果のある洗浄料を使うのも効果的です。

洗浄料をしっかり泡立てて、ワキの下、足の指間、ひじやひざの裏、耳の後ろなどシワが多く汗がたまりやすい部分をよく洗い、石けん成分が残らないように十分すすぎましょう。
頭皮もしっかり洗いましょう。

外出する時のケア

体臭が気になる人は、外出前に防臭化粧品などを使って、体臭発生を抑えましょう。
アルミニウム塩など収れん作用のある成分が配合されているもので汗を抑制したり、銀イオン(Ag⁺)などで皮膚常在菌の増殖を抑制したり、酸化亜鉛で発生した体臭を消臭したり、防臭化粧品を活用しましょう。

またニオイが発生する前に、濡れタオルや汗拭きシートなどで汗とともに雑菌や皮脂汚れも取り除きましょう。

汗が衣類に浸み込むと、雑菌が繁殖してニオイの原因になるので、ワキ汗パットのようなものを上手に活用しましょう。

■体臭が出やすい生活習慣は……?


不規則でバランスの悪い食生活や運動不足、喫煙や過度な飲酒、ストレスなどは生活習慣を乱し、汗や皮脂の成分を変化させ、ニオイの原因になります。
また、体内に活性酸素が溜まり、加齢臭の元となる過酸化脂質も増やしてしまいます。

■まとめ


体臭を防ぐためには、生活習慣を正し、からだを清潔に保つこと。そして防臭化粧品などを使用して汗を抑制したり、菌を増やさないようにしたり、消臭したりして、気持ちよくに夏を乗り切りましょう。


外部リンク(Woman Wellness Online)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス