最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

恋愛の優先順位を下げた時の方がモテる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「彼氏を作るのを諦めたとたん、男性からアプローチされることが多くなった」なんて話を友達から聞いたことはありませんか?

筆者の周りでも、「仕事に専念しようとしたとたん、モテるようになった」という声を聞きます。今回は、恋愛の優先順位を下げた方がモテる理由をご紹介します。

恋愛の優先順位を下げた時の方がモテる

■ ①重い女だと思わないから

恋愛至上主義の女性は、恋人の行動を把握したがったり、行動やファッションをダメ出ししたりするので、男性としては出来ればお付き合いしたくないタイプのようです。

仕事や趣味などを優先し、恋愛の優先順位があまり高くない女性は、適度な距離感を保つことができるので、付き合いしやすい相手だと感じて、男性は好意を感じます。

■ ②誰にでも平等に接している

誰にでも平等に接している女性

誰にでも平等に接することができる人は、男女を問わず好感度が高いですよね。恋愛モードな人だと、接する男性が自分のタイプだったりすると、無意識のうちに態度に媚が含まれていたりします。当人より周囲の人の方が、そんな媚には敏感なので、誰にでもフランクに接することができる姿に感動するものです。

職場の男性からモテるようになったなんてケースは、このパターンが多いと思われます。

■ ③一生懸命な姿に惹かれる

性別に関係なく、目標に対して努力をしている人は輝いて見えますよね。仕事やスポーツなど一生懸命に何かに打ち込む姿に好感を持つ男性は多いようです。

また、趣味や習慣が長続きしない人だと恋愛も長続きしないと思われがちですが、何かに専念している人は安定したお付き合いができるパートナーだと見なされるようです。

■ ④男性は追いかけたい生き物だから

男性は追いかけたい生き物

手垢にまみれたフレーズですが、男性は追いかけたい生き物です。なので、いつも感じ良く接してくれるのに、自分からアプローチしてこない女性は振り向かせたいという欲求に駆られるのです。

さらに、追いかければ、追いかけるほど、手に入れたいという気持ちが強くなるので、男性からのアプローチをかわしていると、自然と男性を惹きつけることになるのです。

■ ⑤助けてあげたい欲求に駆られる

家族の病気や仕事のピンチなど、恋愛どころではない状態に陥ってしまったことはありませんか?男性にとって、「助けてあげたい」とか「力になりたい」という思いは、そのまま恋愛感情に繋がるケースが多いようです。

「可愛い」の語源が「可哀想」から来ているように、気の毒だと思う気持ちが、そのまま愛おしいという気持ちに切り替わるのも納得できますよね。

■ おわりに

女性にアプローチするのに必死な男性に女性が魅力を感じないように、男性もある程度の距離感がある女性に魅力を感じるようですね。なかなか彼氏が出来ないと悩んでいるなら、肩の力を抜いて、しばらく恋愛以外のことに目を向けてみるのもいいかもしれません。

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス