最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

気になる彼を引きつけるトーク術♡ 会話を盛り上げる秘訣って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モテる会話術は男子をほめることから! ってネットのコラムや本によく書かれているけど、実践するのは意外とハードルが高い……。「ほめる」って、一歩間違うと上から目線になっちゃうリスクもあって、コツが難しいですよね。



笑顔で相づちを打つだけじゃ、特別感は出ない?
普通のことを大げさにほめてスベるのも怖いから、自分発信で相手の男子をほめるポイントを見つけられず……。そんな理由から、男子と話すときに「すごーい」「そうなんだ」「へー」って必死に笑顔で相づちを打ち続けること、よくあるって人が多いのでは?

もちろん、そうするだけでも相手に悪い印象は与えないけれど、これってモテたいと思っている女子なら誰でも実行しているテクニック。「この子と話していると特に楽しい」って思わせたい場合には、もう少し踏み込んだ「ほめ会話」に挑戦したいところ!

次のような方法なら、あざとくならずにしゃべっている相手をノセてあげることができますよ♡

相手の話の内容に絡めた質問をしよう!
「ほめる」というと、「◯◯なところがすごいね」「◯◯だから憧れちゃう!」などなど、相手に関する自分の考えとか評価を言葉にすることだと思いがち。でも、このパターンでしか男子をほめれないと、「そんなことないよ……」と言われたっきり、会話が弾まず沈黙になって気まずくなったり、軽いノリでほめ返されてネタっぽく終わってしまったりして、彼のハートに刺さるアプローチをできないことも。

質問も立派なほめ言葉!


おすすめなのは、彼が話してくれた話題の中身に興味を持って、質問してノセていくやり方です! 極端な話、相づちは真剣に話を聞いていない人にも打てなくはありません。一方、質問って聞いている話に本当についていっていないとできないことですよね!

つまり、相手にとって「よくそこを聞いてくれました!」という質問をすれば、それはイコール「あなたの話は面白い、もっと聞かせて」「すごい経験してるんだね」「物知りなんだね」っていうほめ言葉と同じくらい、相手に好感を与えるっていうこと! ノリノリで話してくれた男子に、「この子とはすごく会話が弾むな」っていう印象を自然に持ってもらうことができます♡

ほめ言葉は締めで印象的に使おう
彼との話の途中では質問で盛り上げたり、「すごーい」「はじめて聞いた」のようなほめ言葉っぽい相づちをジャブとして入れていきましょう。これらのリアクションをしっかり行って土台を固めた上で、彼の話が一段落したタイミングで、締めにハッキリしたほめ言葉を使ってみて! その流れを踏むことで嘘っぽくなりにくいし、わかりやすく感想を伝えることで、彼も「話してよかった」とうれしい気分になってくれるはずです。

タイミングが重要
「◯◯君ってすごく◯◯なんだね」「おもしろい!」など、会話の最初でいきなり使うと浮いちゃいそうなほめ言葉も、タイミングを見計らうことで刺さるコメントに変えることができますよ!

バラエティに出ている司会者とか女子アナがゲストに話を振ってるときって、質問や相づちで上手く話を引き出して、最後に感想やほめ言葉を使って相手を持ち上げることで場の空気を和ませる……という対応をしてますよね。もちろん、聞き手に徹するだけでなく自分の話をするときもあっていいのですが、相手の男子を主役にして盛り上げたいときには参考にする価値ありだと思います。



気になる人に「こいつしかいない!」と思わせるほめ会話術のポイントを参考にして、彼と話すチャンスのときにぜひ試してみてください!
(由井妙/studio woofoo)

外部リンク(LAURIER PRESS)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス