最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のディスク発売も決定!ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメントと米ライオンズゲートの提携により

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)が、映画およびドラマの製作・配給会社であるLionsgate Entertainment Inc.(ライオンズゲート)の人気ドラマシリーズ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』および『グレイス&フランキー』のブルーレイ/DVDの販売を今冬より開始することが分かった。同社が声明を発表している。

こうした人気作品の販売は、米ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメント(SPHE)が本年4月19日に発表した、ライオンズゲートとのパッケージメディア事業での提携に基づくもの。SPHEは、米国、英国、カナダを除く世界各地で、ライオンズゲートが保有する幅広いドラマシリーズの販売について複数年契約を締結している。

対象となるのは、ライオンズゲートの象徴的な作品であり、今回SPEJが販売する『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』や『グレイス&フランキー』、音楽ドラマ『ナッシュビル』といったゴールデン・グローブ賞やエミー賞も賑わせてきた評価の高いタイトルを含み、最新作だけでなくカタログ作品も対象となる。

ライオンズゲートは、約90のドラマシリーズを米国の40以上のネットワークに提供と、インディーズ系では世界最大規模のドラマビジネスを展開している。デジタル配信に関しては、本契約締結後もライオンズゲートが行うという。

SPHEプレジデントであるマンジット・シンは、4月の提携合意発表時、「ライオンズゲートとの協力関係を強化し、世界中のドラマファンに高い人気を誇るライオンズゲートの作品をお届けできるのは、大変素晴らしいことです。今回の提携は、SPHEが最高のコンテンツクリエイターと協力し、SPHEのグローバルビジネスをさらに拡大し続けていくことを表すものです」とコメント。

SPEJ ホームエンタテインメント部門の日本代表VP、芦田健は、「SPEJ ホームエンタテインメント部門は、自社の映画やドラマシリーズに加え、他の配給会社やコンテンツオーナーとの提携を通じて幅広い作品を提供してきました。ライオンズゲートの作品を加え、ラインナップをさらに拡充し、日本および世界各国の様々なジャンルのコンテンツ等、多彩なエンタテインメントを提供してまいります」と述べている。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』をはじめとした注目タイトルのリリースに関する詳細は分かり次第お伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ソニー・ピクチャーズ ホームエンタテインメント


外部リンク(海外ドラマNAVI)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス