最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ISEKI、「AOR FLAVA」シリーズ第2弾より「バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ」MVを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6月28日に1stミニカバーアルバム『AOR FLAVA -mellow green-』で待望のソロデビューを飾った元キマグレンのISEKI。自身の音楽ルーツであるAOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)のカバーアルバムは、今後のソロ活動の方向性を示した作品でもあり、彼の艶のある歌声と楽曲との絶妙なマッチングが高く評価されている。そして、早くもこの「AOR FLAVA」シリーズの第2弾作品『AOR FLAVA -sweet blue-』を8月30日にリリースするが、そのアルバムから「バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ」のミュージックビデオをが公開された。

前作はカバー曲「ドラマティック・レイン」(稲垣潤一)でMV撮影が行われたが、今回はアルバム内に1曲収録されるオリジナルコラボ曲「バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ」で撮影が行われた。結果として、オリジナル曲でのMV撮影はソロになってからは初となる。全編海辺での撮影は、彼の地元である逗子、そして三浦半島の海水浴場、横須賀の海沿いの通り、そして千葉県の館山まで足を運んで行われた。やはりISEKIには「海が似合う」の一言である。但し、海辺で撮影されたとは言え、以前とは雰囲気が大きく違っている。今のISEKIが表現するAORの世界観に合わせ、大人の色気や雰囲気をしっかりと落とし込んでいるのだ。また、前作のMV同様にキーアイテムとして撮影で使用されている車(※日産「X-TRAIL」)が同一車種だが、海辺に似合うニューモデルのプレミアムコロナオレンジになっているなど、映像の端々に前作との連動性と遊び心が上手く隠されているのも見どころの一つだ。是非、MVを見比べてみて欲しい。

MVが公開され、「AOR FLAVA -sweet blue-」のリリースも近づいてきたが、早くも10月25日にはシリーズ第三弾作品『AOR FLAVA -silky red-』のリリースが決定している。ソロデビューから2ヵ月毎に新作をリリースする事になる。更に、9月30日(土)東京公演を皮切りに全国TOUR(全8都市9公演)も始まり、『AOR FLAVA -mellow green-』と『AOR FLAVA -sweet blue-』の2作品を購入して応募すると、抽選で全国TOUR各会場でのリハーサル見学&写真撮影会に参加できる応募特典が付いている。やはり、彼にとって夏は毎年充実した季節のようだ。

■「バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ」MV

\nhttps://www.youtube.com/watch?v=A00ZYucb7hg「ISEKI LIVE 2017~COFFEE & SOUL vol.2~」

9月30日(土) 東京:渋谷gee-ge
10月14日(土) 愛知:名古屋sunset BLUE
10月15日(日) 京都:京都SOLE CAFÉ
10月21日(土) 大阪:心斎橋ヒルズパン工場
10月22日(日) 広島:音楽喫茶 ヲルガン座
10月28日(土) 宮城:SENDAI KOFFEE
11月03日(金・祝) 福岡:LIV LABO
11月05日(日) 北海道:musica hall café

アルバム『AOR FLAVA -sweet blue-』

2017年8月30日発売

\nTKCA-74543/¥1,852+税
<収録曲>
1.RIDE ON TIME(山下 達郎)
2.君は天然色(大滝 詠一)
3.ふたりの夏物語(杉山 清貴 & オメガトライブ)
4.カルアミルク(岡村 靖幸)
5.モンロー・ウォーク(南 佳孝)
6.中央フリーウェイ(荒井 由実)
7.No End Summer(角松 敏生)
8.バブル・サマー feat.ジャンク フジヤマ(※オリジナル・コラボ曲)

\n

外部リンク(OKMusic)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス