最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

見たい方向が見える? ドリフト競技本番バトルの360度映像!【D1GP】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうか、こんな感じなのか。これは、怖く……ない? そう? ホント?

D1GPを取材して15年目のワタシですが、もちろんドリフト競技を見るのが大好きです。なかでもいちばん好きなのは、追走での接近ドリフト。ものすごいスピードで、それでいてものすごく前のクルマに接近してドリフトしていくところは、見ていて歯を食いしばってしまう。「イーッ」って力が入っちゃう。すごくヤバい感じがするんですね。エクストリームスポーツの真骨頂ですね。

そんな接近ドリフトのシーンを、車載カメラで撮影した映像をTeam TOYO TIRES DRIFTがYouTubeに公開しました。これは大阪で行われたエキシビションマッチ『GLION TROPHY』のときのバトルかな? チームメイトである川畑真人選手と末永正雄選手の、GT-R2台での追走ですね。

複数の車載カメラと、空撮を切り替えて、ふつうじゃない視点からドリフトの追走バトルを見ることができるのですが、これ360度映像なんですね。だから、キョロキョロすると、その方向が見える(厳密には死角もありますけど、しかたがないですよね)。

PCでも対応するブラウザを使って操作をすれば見ることができますが、やっぱりスマホやタブレットを持って見たほうが自然な感じがするんじゃないかな。車内の映像なんか、まるで川畑選手のすぐ後ろに座っているかのような新しい感覚が味わえます。

それにしても、相手もほぼ同じスピードで走ってるせいか、意外と映像で見ると怖くないなぁ。こんな感じなのか。どんな感じかは、次のページの動画でどうぞ。



ちなみにこのバトル、寄せた距離の差で川畑選手が勝ちました。両者とも力を出しきった感じですが、車重の面などで優位にある2号機に乗る川畑選手が走りで上まわった感じですかね。

また、空撮を多用したOSAKA DRIFTのレポート動画もTeam TOYO TIRES DRIFTが公開していますので、こちらもどうぞ。



ちなみに、ワタシも追走の同乗走行の経験はないんですが、単走の同乗走行だったら、何年も前にお台場で経験したことがあります。

正直に言って、めちゃくちゃ怖いです。だって、正面はコンクリートの壁なのにフル加速していくんですよ。『このひとたち、バカなんじゃないか?』って思うくらい怖いです。そして、そこから見事なドリフトでコーナーをまわっていったとき、『D1選手ってスゲー』『タイヤってスゲー』って思いましたね。

(まめ蔵)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス