最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アイドル戦国時代の必勝法は? HKT48とももいろクローバーZの戦略【Chart insight of insight】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今週もチャートは激戦状態。ミスチルや宇多田ヒカルといった上位の定番アーティストがベスト10内で不動の地位を築きつつ、TWICEのような大ブレイク間近といわれる伏兵もいる。

そんな中、圧倒的な強さで首位を獲得したのが、HKT48の「キスは待つしかないのでしょうか?」だ(【表1】)。28万枚を越える圧倒的なセールスポイントで、他のアーティストと大きく差を付けたのが勝因。逆にいえば、それ以外はとくに問題にしていないという印象がある。動画再生数もラジオでのオンエア回数も圏外で、セールスに比べると非常に地味だ。ツイッターのつぶやき指数こそ上位を推移しているが(水色のグラフ)、これも自然発生的なものであり、仕掛けているわけではない。よって、とにかく売上を上げることを第一に考えた結果のチャートにおける成功といえる。

その点、ももいろクローバーZの「BLAST!」は、地道にプロモーション活動に力を入れた結果、初登場4位にまで上り詰めたということではないだろうか(【表2】)。アイドルでは苦戦を強いられるラジオのオンエア回数でも19位にまで持って来たのはこれまでの実績とプロモーション力の賜物だろう(緑のグラフ)。また、ルックアップ(CDのPCでの読み取り回数)が1位となっているのも、レンタルなどでの回転数が多く、コアファンだけでなくグレーユーザーにまで広がっている証拠だ(オレンジのグラフ)。

とにかく売上数に勝負をかけたHKT48と、プロモーション力で上位をキープしたももクロ。やり方は違うが、この激戦チャートで勝負するために、アイドルたちも日々試行錯誤しているのだ。text by 栗本斉


外部リンク(Billboard JAPAN)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス