最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ホントにイヤなの?男性が「それ束縛!」と思う行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女に束縛されたくないと考える男性は多いですね。

男女では、束縛に対する考えが違います。女性からすれば軽めにプレッシャーをかけただけなのに、彼は「それ束縛だよ」とウンザリしてしまう。こういうことは意外に多いです。

また、まったく束縛のつもりはないのに、彼がそう感じている場合も。

今回は「そんなことも束縛なの?」と女性が意外に思ってしまう行動をご紹介します。

男性が束縛だと思う行動

■ 飲み会に行くときは連絡

これは定番の「束縛する行動」です。「『飲み会に行ってくるよ』とひとこと言ってほしい。言わないのはやましいことがあるから」が、女性の考え。

「やましいことなんて何もないから、いちいち『行くね』なんて言わなくてもいいよな」が、男性の考え。

まず、男性は飲み会に行くと決めた瞬間に、彼女のことを思い出したりしません。

彼女に言われて、しぶしぶ「行ってくるよ」とは連絡するけれど、次の飲み会でまた忘れてしまって、ケンカになることも。

飲み会で悪いことをしようとなんて思ってはおらず、ただめんどくさい。それだけの理由が多いと思います。

■ 他の女性の話はダメ

他の女性の話はダメ

普通の話でも、女性の話をしたらダメ。褒めたりなんかしたら「好きだからそんな子の話するんでしょ!」「デリカシーないのね!」と怒り始める……。

彼からすれば「素直にそう思っただけ。ただ思ったことをコントロールしようとしたり否定しないでくれ」と、“考えまで”束縛されていると感じます。ただ、この場合は、他の女の人の話をする彼もウッカリ屋だ思いますが。

■ 通りすがりの女性を見ると怒る

男性は本能的に見てしまうのです。長々と見続けるわけではないので、大目にみましょう。反対に、女性をまったく見ない人はいません。「どこ見てるの?」と嫌味を言うのもやめたほうがいいかも。

本能的な行動なので、本人は気づいていないときがあります。

■ おそろいやペアルック

女性にとっておそろいは文化。小さい頃からの延長で、おそろいに抵抗がありません。

しかし男性からすると、子どものようでみっともないのだとか。お母さんに無理やり服を着せられているように、まるで彼女に着させられているみたい。

尻に敷かれているように見えるそうです。

■ 人前でベタベタ・SNSに写真

人前でベタベタする

「カッコ悪いし、男としてどうなのという感じ。私の彼なのよ~というアピール?」と、彼からは束縛まっしぐらの行動に見えています。

女性のほうはまさかSNSの写真くらいで「カッコ悪い」なんて思っているとは知りません。

むしろ「どこがカッコ悪いの?」と疑問ですが、これは「女とデレデレしている」のがカッコ悪いのですね。

この行動も「女に尻に敷かれてる感」が出ているのでしょう。というより「モテなくなる」という考えがあるので、束縛と感じるそうです。

デートや旅行の写真も、彼自身でSNSにアップしないと、他人からは尻に敷かれているように見えますね。

■ 将来の展望を語り合う

将来の展望を語る

「できればいつまでもフラフラしていたい」「身を固めるとか、襟を正さなければならないとか……。ハードルが高い」と、将来の話をしたくない男性は多いです。

女性はわりとこの手の話が好きで、ただのロマンチックな夢を語っている場合が多いのですが、普通の男性は真剣に受け止めてしまうようですね。

チャラい男子は話を合わせてくれますが(笑)。

■ おわりに

自由を邪魔し、指図し、それが叶わないと怒るのが束縛です。

なんだか怖い定義ですが、かんたんに言うと「私の彼よ」というアピールが見え見えだと束縛と思い、「私だけを見て」と怒ることが束縛と考えてください。

でも、ちょっとくらいは束縛したいとき。

指図して、それが叶わなかったとしても、怒らなければ束縛と男性はあんまり思わないので、ぜひ怒らないでみてください。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス