最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

太賀インタビュー(2)“特別合宿”でエモーショナルな雰囲気に…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8月12日(土)夜7時30分より、NHK総合にて土曜ドラマスペシャル「1942年のプレイボール」が放送される。

本作は戦争という時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも青春を野球に燃やした、4兄弟の物語。NHKドラマ初主演の太賀に加え、勝地涼、斎藤嘉樹、福山康平の4人が演じる、兄弟の絆を描く。

4人はクランクインを前に、2泊3日の「合宿」を敢行したという。太賀にインタビューを行い、その時のエピソードや、作品の見どころを聞いた。

──「合宿」では、兄弟役としての絆を深められたのでしょうか?

そうですね。みんな、「合宿があってよかったね」って口をそろえて言うんです。兄弟役になりきるためには、みんなでトランプをやったり、一緒にご飯を食べる時間が重要なんだなと、あらためて思いましたね。

──4人でどのような話をされたのですか?

19歳でまだ若い福山くんの話を、お兄ちゃん(役のキャスト)たちがいじっている感じですね。ここでは言えない、くだらない話で盛り上がっていました(笑)。

それから、それぞれの仕事の状況についても話しましたね。同じ仕事をしているけれど世代のずれている、そんな4人で話すのは、面白かったです。

──刺激を受けたことはありますか?

勝地さんは、本当に“達者”な役者さんだなと思いました。演じられる役の幅が広いですし、現場に立っている姿勢からもたくさんのことを学ばせていただきました。自分がダメな時には、正面から指摘してくださいますし。

──「合宿」期間で、一番印象的だった出来事を教えてください。

寝る時は、枕を合わせて向かい合うようにしていたんです。その時が一番、エモーショナルな雰囲気になりました(笑)。「何なんだろう、この気持ちは!」と思ったんですよね(笑)。

──名古屋での撮影はいかがでしたか?

“名古屋めし”をみんなで食べました。他にも、いろんなことをしましたね(笑)。

── 一番思い入れのあるシーンはどこですか?

あることがきっかけで、兄弟4人がキャッチボールをするシーンです。年齢もキャリアも違う4人が皆、「ここは良いシーンにしたい」っていうのを、言葉にせずとも思っていることを感じました。撮り終わった後、監督もうれしそうでしたし。

──最後に、あらためて本作の見どころを教えてください。

このドラマは、「いつか4兄弟で同じグラウンドに立とう」という、約束の物語なんです。でもその中には、戦争というあまりにも大きな存在があって。

4兄弟は時代の渦に巻き込まれていきますが、自分が大切にしたいものは誰にも取り上げられてはいけないのだと、考えさせられる作品になっています。

https://news.walkerplus.com/article/117990/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス