最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

関東初上陸!大人も楽しい日本最大級屋内アスレチック「トンデミ」を遊びつくす ポイント10!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■ポイント1 暑さ寒さや雨風OKの屋内体感型施設!


トンデミ


2017(平成29)年4月、「イオンモール幕張新都心 ファミリーモール」の3階にオープンした「SPACE ATHLETIC TONDEMI(スペースアスレチック トンデミ)」は、関東初上陸の屋内アスレチック施設。

約480坪の施設内には「トランポリンエリア」「クライミングウォールエリア」「ロープウォークエリア」の3エリアを中心に、「キッズエリア」や「アミューズメントエリア」が広がっています。


トンデミ


こちらがなんと日本最大級のトランポリンエリア。


トンデミ


クライミングウォールエリアは、世界で有名なアスレチックアイテムを製造しているブルガリアのWALLTOPIA社製「FUNWALLS」を、国内最多の11種13コース備えています。


トンデミ


ロープウォークエリアもWALLTOPIA社製「ROPETOPIA」を国内で屋内に初めて導入。

初めてづくしの施設で、子どもの好奇心を刺激する新体験ができますよ。


トンデミ


子どもの長期休暇期間はパパママとおでかけする機会が増える次期ですが、やっぱり気になるのが気温や天候。

同施設なら完全屋内だから、天候や気候に左右されず、通年楽しむことが可能。

子どもたちに体を使って遊ばせたいならぴったりの施設です。

■ポイント2 制限時間90分の入れ替え制でのびのび遊べる!


トンデミ


時間枠ごとに一定の人数を決め、制限時間を定めて入場する時間指定入れ替え制。

45分ごとに設定された時間指定のチケットさえ手に入れてしまえば、入場後の施設内では極端な混雑もなく、のびのび自由に楽しむことができますよ。

訪問後すぐの時間枠を指定できなくても、モール内には各種店舗やサービスがそろっているので、ショッピングをしたりご飯を食べたりと、入場までの時間も無駄なく過ごすことが可能です。

■ポイント3 利用には会員登録が必要。自宅で事前に登録がスムーズ


トンデミ


施設の利用には、会員登録(初回のみ500円・税込)と利用規約への同意が必要です。


トンデミ


この登録は現地入口でもできますが、公式サイトから事前に情報を入力して登録を済ませておくと、子どもを待たせることなくスムーズに入場手続きが行えますよ。

なお、施設内では登録時に受け取るトンデミソックスとリストバンドを身につけて利用します。

■ポイント4 体感アスレチック使用時は着替えを用意!


トンデミ



トンデミ



トンデミ


施設内ではトランポリン上でのジャンプはもちろん、ドッチボールやダンクシュート、プロジェクションマッピングを活用したゲーム感覚の「スペースホッパーズ」など、さまざまなアトラクションが楽しめます。


トンデミ


思いっきり飛び跳ねて汗をかいたり、ウォールクライミングやロープウォークで手に汗握ったり、90分の制限時間内でもたっぷり汗をかくこと必至なので、ぜひ着替えを準備して。


トンデミ


施設内には男女別の更衣室もあるので、汗をかいてもすぐに着替えが可能です。


トンデミ


手荷物用ロッカーが多数用意されているのも、荷物が増えがちな子連れママにうれしいポイントですね。

■ポイント5 大人も子どもも楽しめるので“チケットタイプ”は要検討!


トンデミ


入場チケットには、90分間アトラクションを楽しみ放題の「フリーパス」(90分・2,400円)と、利用制限に満たない小さなお子さま向けにエリアを限定した「キッズエリア」(3歳以上90分・800円)、アトラクションを利用しない付き添い用の「保護者」(90分・500円)の3種があります。


トンデミ


子どもだけでなく大人も楽しめて大満足間違いなしの本格的なアトラクションがそろっているので、子どもと一緒に体を動かしたいパパママは「保護者」ではなく「フリーパス」をGETしておきましょう。

なお、施設内はカメラ、スマホなどによる撮影自由。付き添いのパパママは、普段は見られない子どもたちの表情を狙ってカメラマンに徹するのもよいかもしれません。

■ポイント6 身長110㎝以上、体重20~120㎏の利用制限に注意!


トンデミ


同施設のメインエリアには、安全への配慮から、身長110㎝以上、体重20~120㎏の利用制限が設定されています(「キッズエリア」は3歳以上、身長120㎝以下)。

利用制限にかかる可能性があるお子さまや大人は、訪問前にチェックしておくのがオススメです。

■ポイント7 会員登録するともらえるトンデミソックスは必携!


トンデミ



トンデミ


施設内では、足裏に滑り止めがついた特殊な靴下「トンデミソックス」を着用することが必須。

これは施設にて購入することもできますが、初回会員登録時にもらえるので、2度目からの訪問時には忘れないように持参しましょう。


トンデミ


服装は動きやすい服装であればなんでもOK。

施設内は基本「トンデミソックス」と、必要に応じて専用シューズにて利用するので、来場時の足元はサンダルなどでも大丈夫!

■ポイント8 混雑時には優先案内あり。公式ツイッターをチェック!


トンデミ


人気youtuberが体験動画を次々にアップするなど、とにかくオープン以来大人気の同施設。

週末や長期休暇などには、混雑を避けるために優先案内が行われることもあります。

これはオープン前の9時45分までにファミリーモール 3階立体駐車場に設置される特設優先ご案内待機場所に並ぶことで、オープン直後から優先的に入場案内を受けることができるシステム。

また優先案内の有無やその日の混雑状況はトンデミ公式ツイッターに随時アップされるので、訪問前には要チェック。混雑を避けたいなら、火曜から木曜の午後を狙うのが比較的オススメとのことです。

■ポイント9 フードコート隣接で腹ペコになるまで遊びつくせる!


トンデミ


同施設があるのは、約600席を擁するフードコート「ごちそうパーク」の隣。子どもが腹ペコになるまで、思いっきり遊んでも大丈夫です。

また、施設内ではペットボトル飲料や、「コールドストーンクリーマリー」アイスクリームの販売もありますよ。

■ポイント10 迷子注意!「イオンモール幕張新都心」の「ファミリーモール」を目指せ!


トンデミ


同施設を有する「イオンモール幕張新都心」には、7,300台分の駐車場が完備。

最寄りのJR「海浜幕張」駅や「幕張本郷」駅からは、バスも運行しています。

広大なモールは初訪問では迷いがちですが、「ファミリーモール」3階を目指しましょう。

近隣には「イオン幕張店」もあるので、間違えないように要注意です。

■まとめ

大人も子どもも夢中になって楽しめる、新感覚の屋内アスレチック施設「SPACE ATHLETIC TONDEMI(スペースアスレチック トンデミ)」。

屋内施設ならではの環境の良さと、体を動かして全力で遊びつくせる新体験が魅力のスポットです。2017年の夏休み、攻略ポイントを押さえて、ぜひおでかけしてみてください。

SPACE ATHLETIC TONDEMI(スペースアスレチック トンデミ)

住所:千葉県千葉市美浜区豊砂1-5 イオンモール幕張新都心 ファミリーモール3F
電話:043-307-8552
営業時間:10:00~21:00
定休日:不定休
最寄駅:海浜幕張

※2017年8月12日の情報です。価格は税込み表示です。内容は変更になる場合があります。

あわせて読みたい!注目の記事はこちら!

>>>【体験レポ】まるで秘密基地な空間で漫画4万冊が読み放題!「立川まんがぱーく」はみんなの天国だった!

>>>話題の新名所「キュープラザ二子玉川」オープン!新業態からエリア初出店まで全店レポート!

>>>子供の公園遊びタイムを“おしゃれなピクニック”に格上してくれる♡最旬テイクアウトグルメ4選


外部リンク(レッツエンジョイ東京)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス