最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

赤ちゃんは麦茶をいつから飲める? 作り方と注意点まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夏の時期は、赤ちゃんも水分補給が重要。今回は麦茶が飲める月齢、作り方や飲ませ方のコツ、量や温度、煮出しパックの選び方についてお伝えします。「粉末は冷凍できるの?」「むせる、飲まないのはアレルギー?」など、気になる情報をチェックしましょう。
赤ちゃんに麦茶をあげるなら何ヶ月から?

赤ちゃんはいつから麦茶を飲めるのでしょう。
麦茶を飲める赤ちゃんの月齢
「赤ちゃん用」のペットボトルやパックの麦茶が販売されており、そのほとんどは生後1ヶ月から飲ませることができます。赤ちゃん用のお茶は大人のものに比べ苦みも抑えられています。赤ちゃんがあまり母乳やミルクを飲んでくれない時は、麦茶で水分を補給する方法も考えましょう。
生後半年頃までは特に麦茶をあげなくてもよい
赤ちゃんの離乳食がスタートする生後半年頃までは、あえて麦茶をあげなくても構いません。生後5ヶ月から6ヶ月までは、母乳やミルクだけで十分で、お水やお湯を与える必要もないと考えられています。母乳やミルクは栄養が豊富で、水分も補給することができます。母乳やミルクをよく飲んでいるようなら、あえて早い時期から麦茶を用意しなくても問題ありません。

ただし、これは「あげなくてもOK」と言う意味で、「あげるのはNG」と言うことではありません。赤ちゃん用の麦茶なら、生後半年未満で飲ませても問題ありません。
大人用の麦茶をあげても平気?カフェインは?
赤ちゃんは生後1ヶ月から麦茶を飲むことができますが、大人用の麦茶は避けて下さい。大人用の麦茶もノンカフェインですが、生まれたばかりの赤ちゃんは苦味をきつく感じる可能性もあります。赤ちゃん用の麦茶は苦味も抑えられていますし、薄味に調整されています。大人にとっては健康増進効果が得られる豊富な食物繊維やミネラルも、デリケートな赤ちゃんの消化器官には負担になることもあります。自宅で麦茶を作る場合も、赤ちゃん用のものは煮出しし、白湯で薄めたものにしましょう。
麦茶は赤ちゃんに安全?アレルギーはあるの?
麦茶はとても安全な飲み物で、ベビー用のものなら生後1ヶ月の赤ちゃんに与えることができます。「母乳の出が悪い」、「ミルクをあまり飲んでくれない」というときは、一時的に麦茶で赤ちゃんに水分を補給してあげてもよいでしょう。ただ、アレルギーの可能性はゼロではありません。麦茶は大麦を煮出して作られるので、万が一赤ちゃんが大麦アレルギー体質だと反応してしまう可能性があります。念のため、初めて飲ませる時は小児科が空いている平日の午前中を選び、ほんの少しだけ与えて様子を観察して下さい。

麦茶自体は無理に飲ませる必要がないものなので、母乳やミルクで水分補給ができていれば無理に与える必要はありません。
赤ちゃん用の麦茶の作り方・保存方法

外出の時に飲ませる赤ちゃん用の麦茶は市販のパックが便利です。ただ、割高になるので自宅にいる時は、煮出し用パックを使って自分で作った方が経済的です。
赤ちゃん用麦茶の煮出しパックの選び方
赤ちゃんに麦茶を作ってあげる時は、ベビー用の煮出しパックが便利です。ノンカフェインなのはもちろん、香料や着色料も排除され、赤ちゃんの消化器官に負担をかけないよう薄めに仕上がります。赤ちゃんが苦味を感じないよう、マイルドな味わいになっているものも多いです。もし大人用の煮出しパックを使う時は、一度煮出してからパックを取り出し、沸騰させたたお湯を足して薄めて下さい。
水出しパックは良くないって本当?
大人用の麦茶パックを使う場合、水出し用は避けて下さい。赤ちゃんの麦茶は沸騰したお湯で煮出すのが基本です。水道水は殺菌されているので、微量の塩素が混ざっています。まだ完全に発達していない赤ちゃんの胃腸には負担となる可能性があるので、水道水を使う時は必ず煮沸しましょう。

ミネラルウォーターのミネラルも赤ちゃんには負担が大きく、下痢の原因になることがあるので注意が必要です。そもそも冷たい麦茶でも赤ちゃんはお腹を冷やしてしまうことがあるので、沸騰したお湯で作ったものを常温に冷ましてあげるのが正解です。

赤ちゃん用麦茶の保存方法は?冷凍できるの?
煮出し用のパックを使って麦茶を作った際、大量に余ってしまうことがあります。煮出した麦茶は塩素の抜けたお湯で作られるので、基本的に日持ちしません。一度作ってから冷まして冷蔵庫で保存し、24時間以内には飲み切る必要があります。冷凍もできますが、解凍する時には再び加熱沸騰させ、冷ますことを考えると手間が倍増します。なるべく新鮮なものを与えるのが理想的なので、冷凍ではなく冷蔵する方向で保存方法を考えましょう。
粉末や濃縮タイプもおすすめ
まだ飲む量が少ない赤ちゃんの麦茶は、必要な分だけ作ることができる粉末や濃縮タイプがおすすめです。ベビー用のフードコーナーに専用のものがあるので、チェックしてみて下さい。ただ、粉末タイプや濃縮タイプで麦茶を作る時は、濃度が濃くなり過ぎないよう注意が必要です。また、甘味が加えられているタイプもありますが、甘い味に赤ちゃんが慣れてしまわないよう、避けた方が無難です。
初めて赤ちゃんに麦茶をあげる時の飲ませ方

赤ちゃんに初めて麦茶をあげる時、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。
最初に赤ちゃんに飲ませる麦茶の量、温度
月齢に関わらず、赤ちゃんに初めて麦茶を飲ませる時は一口から始めて下さい。大麦にアレルギー反応を起こす可能性も否定できないので、最初は口をつける程度が基本です。赤ちゃんが喜んで麦茶を飲むようなら、少しずつ量を増やしましょう。飲む量は個人差があります。

麦茶の温度はミルク同様、人肌が理想的です。冷たいとお腹が冷え、下痢の原因になりかねません。熱い温度も危険で、舌を火傷する可能性があります。煮出した麦茶を一度冷蔵保存し、飲ませる時に白湯を加えて温度を調節しましょう。

母乳育児の赤ちゃんがスムーズに麦茶を飲むには?
赤ちゃんに麦茶を与える時、母乳育児かミルク育児かによって、向いているあげ方が異なります。普段ママのおっぱいを吸っている母乳育児の赤ちゃんは、哺乳瓶やマグに慣れていません。普段慣れているママのおっぱいとあまりにも感触が違うため、拒否反応を起こしてしまう可能性があります。そのため、母乳の赤ちゃんには口触りが優しい離乳食用のスプーンを使って麦茶を与えます。最初はひとさじずつ与え、アレルギー反応の有無をチェックしましょう。
ミルク育児の赤ちゃんは麦茶を与えやすい
普段から哺乳瓶に慣れているミルク育児の赤ちゃんは、比較的スムーズに麦茶を飲んでくれるケースが多いようです。いつも使っている哺乳瓶に麦茶を入れて、あげてみて下さい。ただ、外出する時に麦茶を哺乳瓶に入れっぱなしにすると、雑菌が繁殖して不衛生な状態になりがちです。長時間入れっぱなしにせず、こまめに替えてあげるか、飲み切れる量を入れてあげましょう。
飲ませるタイミング
赤ちゃんに麦茶を飲ませる時は、寝起きやお風呂上がりなど、水分を欲しがるタイミングであげてみて下さい。離乳食を始めている場合は食後が最適で、ご飯のあとに麦茶を飲むことで虫歯予防効果も期待できます。はいはい期やあんよ期なら、たくさん身体を動かしたあとも麦茶をあげる絶好のチャンスです。また、たくさん泣いたあとも水分が失われているので、気持ちを落ち着かせるためにも麦茶を与え、一息つかせてあげて下さい。
まとめ

赤ちゃんは生後1ヶ月からベビー用の麦茶を飲むことができます。大麦にアレルギー反応を起こす可能性もゼロではないので、最初はひと匙ずつ、少量から与えましょう。ただ、生後5ヶ月から6ヶ月頃までは母乳、ミルクで栄養補給しながら水分も補っているので、あえて他の水分を与えなくても構いません。個人差があるので、「普通はいつから飲むの?」と焦る必要はありません。飲まないようなら、無理に飲ませるのはやめておきましょう。

外部リンク(マイナビウーマン)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス