最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

婚活で婚期を逃す「いい子チャン」の特徴3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私は何も悪くない!?婚活で婚期を逃す「いい子チャン」の特徴
仕事やプライベートが充実して「私はまだ結婚なんてしなくていい」とは思っていても、周りの結婚ムードにはどうしても焦ってしまうもの。興味深いことに、友人を大切にする性格のよい「いい子チャン」ほど、婚期が遅れてしまうようです。そこで今回は、婚期を逃してしまいやすい「いい子チャン」の特徴をご紹介します。

◆人に相談されやすい
友だちや部下から相談されやすい人には2パターンあります。まず「経験豊富で正確なアドバイスをくれる人」、もう一つは「ただ否定せずに聞いてもらいたいときの適任者」です。そして、割合的に2つ目に当てはまる「いい子チャン」は圧倒的に多いといえます。

この「いい子チャン」の共通点が、話を聞きながらの「なるほど」「そうなんですね」といった、気のないよう思われる相づちの多用。これでは、男性に「俺に興味ないのかな」と思われてしまいます。相手の言葉を繰り返したり、トーンを合わせたりなどの工夫をするだけで、幸の薄い「いい子チャン」卒業がグッと近づきます。
相談を聞くイメージ
◆気配りができる
気配りができる「いい子チャン」は、席替えの声掛けをしたり、料理を進んでとり分けたりと「仕切り屋さん」になりがち。初対面の飲み会でも女性として捉えられず「頼りになるリーダー」として仕事を背負わされることの方が多くなってしまいます。

それでも「ほかの人に頼むのは気が引ける……」という場合には、男性に相談してみるのが吉。たとえばお酒がなくなってしまった時に「すみませ~ん」と自分で声を上げるのではなく、男性に「次なにか飲まれます?」と聞いてみましょう。男性は、そこであなたのグラスが空なことに気付いて注文してくれるはず。
みんなで飲むイメージ
◆一人で頑張りすぎる
男性に弱みを見せたくない、情けない姿を見られたくないと、必死に一人で頑張る女性はかっこいいものです。しかし、男性からすると、それはマイナス点になってしまう可能性があります。

男性はどうしても女性よりも優位な立場で「すごーい」と言われる対象でありたいと願っています。そんな中でバリバリ仕事をこなす女性には「負けちゃいそう」としり込みする男性が多いのだとか。タフネスの塊のような女性は仕事場では頼りになりますが、出会いの場ではパワフルさは封印すべきかもしれません。
◆「いい子チャン」卒業は遠くない!
知らず知らずのうちに「いい子チャン」になってしまっている女性は少なくありません。せっかく頑張るなら、恋愛面でも好印象をゲットしたいですよね。まずは、自分が「いい人」どまりになってしまっていること、そしてチャンスはたくさんあることを自覚することが大切。

性格のいい「いい子チャン」ほど、他人にも優しく接せられることができるもの。それは、あなたの大きな強みでもあります。ぜひ、自分の魅力の見せ方をよく研究し、自信をもって戦場に乗り込んでいってください。
Photo by fotolia

外部リンク(美LAB.)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス