最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

「妖怪人間ベム」放送50周年、ギャグアニメで復活 設定は現代、キャラも変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 放送から50周年を迎える怪奇アニメ「妖怪人間ベム」が、ギャグアニメとして復活する。新作の「俺たちゃ妖怪人間」が、10月からTOKYO MXなど全国で放送。おなじみのベム、ベラ、ベロの3人が登場する。

 1968年にテレビ放送され、「早く人間になりたい!」のセリフで人気を誇った作品。人間になろうとする妖怪人間の苦悩を描き、何度も再放送されては子供たちの心をつかんできた。10月に放送50周年の節目を迎え、改めて作品に光を当てるプロジェクトが始動。オリジナルの68年版、06年版とともに、新作「俺たちゃ…」が放送されることになった。

 「俺たちゃ…」は妖怪退治のないギャグアニメ。設定は現代で、舞台は東京・新宿の歌舞伎町にそっくりな「歌魔羅(かまら)町」。ベム、ベラ、ベロは、ホストクラブで働いたり、コミケで同人誌を売ったりと、現代人の生活を経験しながら人間を目指す。下品なギャグや社会風刺もたっぷりで、プロデューサーは「現代にこの3人がいたとしたら、どのような生活を送るのだろうという発想で作った」と話す。

 キャラ設定は原作を踏襲しつつ、ギャグアニメという内容に沿った形に変化。ベムはバカ真面目でむっつりスケベ、ベラは人間嫌いのドエロ姐(ねえ)さん、ベロはお調子者の金欲小僧。声はベムを杉田智和(36)、ベラを倉科カナ(29)、ベロを須賀健太(22)が担当する。倉科は初のアニメ声優で「声優デビューをちょっと下品で、ゆるい感じの作品にささげられ、心の奥底ではとっても光栄に思っています」と話した。

 新作は50周年プロジェクトの第1弾。今後もさまざまな企画が用意されている。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス