最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

韓国でいじめが訴訟に発展? 「対岸の火事ではない」と弁護士が警鐘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©sirabee.com

(kdshutterman/iStock/Thinkstock)

レイ法律事務所、弁護士の高橋知典です。

お隣の韓国で、「いじめに関する懲戒処分が法的紛争に至ることが増えている」という報道がありました。

殺伐とした教育現場の状況を感じさせますが、これは対岸の火事とは言えません。 日本国内でも、いじめ事件と懲戒処分が表裏の関係にあり、教育現場には高度のバランス感覚が求められています。

■いじめと懲戒


いじめの隠蔽や、不対応の問題が表沙汰になってから随分と時間が経ちます。

実際、私が関与するいじめ事件の中には、学校に頑ななまでに無視され、さらには子供の被害妄想だとか、嘘つきだとまで言われている事件も少なくありません。

一方で、最近新たな問題としてご相談いただくのが、いじめ等の非行行為についての過剰なまでの懲戒処分です。

確かに、いじめが起きた場合に、学校として無視はありえません。もちろん悪い事をした以上、子供といえど、停学や退学を含む懲戒があって仕方ない場面があります。

今回の韓国のニュースの事案もかなり深刻な事案でしょう。 しかし最近では、ごく些細なことであっても、学校が過剰な退学処分まで至ってしまうことがあります。

■過剰な処分の裏側には…


こういった学校の懲戒行為の裏側に、いじめの原因を加害生徒の責任にして、被害者とともに加害児童をやっつけるために戦っているように見せ、被害者からの学校に対する責任追及を避けようとする打算を感じることがあります。

しかし、こうした学校の懲戒行為については法的に争うことができます。退学処分は人生に与える影響が非常に重いものです。過剰な懲戒処分については争うべきでしょう。

■被害者の方に気をつけてほしいこと


©sirabee.com

また、被害者の方々に気をつけてほしいのが、多くの場合、いじめは加害児童の力だけでできるわけではなく、彼らを取り巻く、「いじめていい雰囲気」が必要だということです。

「いじめていい雰囲気」は、事なかれ主義で、強い方に媚びる姿勢の中にこそ生まれ、育ちます。

いじめが発覚した瞬間から、急に加害児童に重すぎる懲戒処分を行うというのでは、強い者がいじめっ子から、いじめられっ子に変わっただけで、学校が持っている事なかれ主義で強い者に媚びる姿勢、「いじめていい雰囲気」は改善されていません。

このままでは学校内の本質的な問題を放置してしまい、人を変えてまたいじめが起きる可能性があります。

■学校の先生は大変


こうしたいじめへの対処には、被害者に適切な対応をしつつ、加害児童にも、適切な指導や処分を行い、何よりも学校の中で再発防止策を講じていく必要があります。

こんなにも高度に人間力を求められる仕事をしている教員の方々の仕事は大変です。だからこそ、教員の方々は「先生」といわれるのでしょう。

・合わせて読みたい→「スピード不倫」報道の今井絵理子議員 「不貞行為ない」の釈明を弁護士が斬る

(文/レイ法律事務所高橋知典弁護士

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス