最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【プロ野球】好調・広島をイジられながら支える新井貴浩。球界6番目の年長選手は通算記録9部門で首位を走る!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペナントレースを独走中の広島。昨季は2位に17.5ゲーム差をつける優勝だったが、今季もそれに近い大差で連覇を達成する可能性が高そうな状況となっている。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

原動力はいくつか考えられるが、野手陣ではチーム最年長の新井貴浩の存在が大きい。球界全体で見ても、岩瀬仁紀(中日)、井口資仁(ロッテ)、松井稼頭央(楽天)、福浦和也(ロッテ)、相川亮二(巨人)に次ぐ6番目のベテラン。

そのあたりも考慮され、適度に休みを入れながらの起用となっているが、8月8日までで74試合に出場。打率.295としっかり数字を残している。とくに、得点圏打率.351と勝負強さも際立つ。また、代打でも、27回打席に立ち打率.286(21打数6安打)。チームやファンの期待にもしっかりと応えている数字だ。

確かに昨季よりはトータルでの出番は減っているが、鈴木誠也が4番打者として一人前になり、エルドレッド、松山竜平、安部友裕らも好調を維持。チーム全体の戦力が底上げされ、新井を効率よく起用できる要因とも言える。

■打撃9部門で現役トップ

NPBの公式サイトに、これまでの記録を紹介したページがある。そこに、「通算記録ランキング(現役選手)」という項目があるのだが、その打撃・走塁に関する23部門のうち、新井は9部門でトップに君臨している。次位の松井稼頭央(楽天)でも3部門(得点、二塁打、三塁打)という結果を見ると、新井がいかに突出しているかがわかる。以下に新井の現役最多記録を並べてみる。

■新井の現役最多の記録
試合:2294(谷繁元信・元中日ほか/3021試合)
打席:8597(野村克也・元南海ほか/11970打席)
打数:7760(野村克也/10472打数)
安打:2161(張本勲・元東映ほか/3085安打)
塁打:3525(王貞治・元巨人/5862塁打)
打点:1270(王貞治/2170打点)
犠飛:77(野村克也/113犠飛)
三振:1646(清原和博・元西武ほか/1955三振)
併殺打:237(野村克也/378併殺打)
(※カッコ内は歴代の最多記録とその達成者)

目安として付記した歴代トップの記録と比較するとやや物足りないように映るが、例えば打点では歴代19位で、その他も、おおむね歴代30位以内には入っている。しかも、現役選手なので、この先も数字が上乗せされ、ランキングは上昇する可能性がある。

また、三振や併殺打などのよろしくない記録も、現役を長く続け、多く試合に出ているからこそ。ある意味、勲章と言ってもいいだろう。

■イジられキャラの最年長

本来、ベテラン選手はニラミを利かせて引き締め役になるはずだが、新井のチーム内の立ち位置は「いじられキャラ」。その風通しのよさが今の広島の持ち味でもある。新井が元気なら、広島の勢いは真夏を迎えても衰えそうにない。

(成績は8月8日現在)

文=藤山剣(ふじやま・けん)
【関連記事】
  • カープ女子のみなさん、前田智徳はおもしろいおじさんじゃないんです。スゴい侍だったんです
  • 広島の暗黒期に燃えた男たち。若き4番・栗原健太、チャーリー廣瀬純らに「いつかは」と夢を託した
  • 奇跡の復活に向け練習を再開した赤松真人(広島)。エールを込めて巨人戦3連発などの名場面を振り返る
  • 一生懸命ゆえに笑いと奇跡を起こす新井貴浩(広島)。オールスターゲームでぜひやってほしい6つのこと
  • 安部友裕(広島)のブレイクを見て思い出す「赤ゴジラ」嶋重宣ら、長い雌伏のときを経て花開いた男たち

外部リンク(デイリーニュースオンライン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス