最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

バカ売れ!自宅で使うためのモバイルルーター「ホームルーター」のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、「ホームルーター」という言葉をよく耳にする。「自宅で使うためのモバイルルーター」という、比較的新しいジャンルの商品だ。本来は外で持ち歩くためにあるモバイルルーターをわざわざ家で使うとはこれいかに?と首をかしげる人もいるかもしれないが、引っ越しが多いひとり暮らしのユーザーを中心に、工事不要で自宅用の回線が持てる手軽さを支持するユーザーは多い。

「昨年秋、NECのモバイルルーターにイーサネットポートのついた据え置き用クレードルを組み合わせた商品がAmazonで発売されたのですが、これがバカ売れ。確かなニーズがあることが浮き彫りになりました」と話すのはモバイル評論家の法林岳之氏。

だが、従来のモバイルルーターは自宅用としては非力な部分も多かった。そこで、あえてモバイルルーターからポータビリティをなくし(本体サイズをアップし、電池式から電源式に変える)、自宅用としての機能を強化した商品が「ホームルーター」というわけだ。

「最大の違いはCPU。今の時代、ネットにつながっている端末が一家に10台以上あるような状況も珍しくありませんが、従来のモバイルルーターの場合、同時に接続できる台数はせいぜい5台といったところ。たくさんの機器を同時接続するにはCPUパワーが必要ですが、そのぶん電池を食うので、バッテリー持ちを考えてトレードオフされるのが常でした。その点、自宅利用に特化したホームルーターなら処理速度の高いCPUを積むことができますからね」

本体のサイズがアップしたぶん、受信感度の高いアンテナを搭載しているのもホームルーターの特徴と言えるだろう。また、モバイルルーターより広範に電波を飛ばすことができるので、一軒家での利用にも向いている。

「現在の自宅のネット環境に不満を抱いている人にとっても、ホームルーターは救いとなるかもしれません。たとえば、今や光回線の主流は1Gですが、旧式の回線(VDSL方式)を引いているマンションなどでは理論値で100Mまでしか出ない。その点、モバイル回線を利用したホームルーターは理論値が数百万Mクラス、実測値で100M超も十分可能なので、快適に使えるはず。ただし、都市部の住宅街などでは夜間に速度が落ちることもあるのでご注意を」

気になる利用料金は、固定回線と比較して月々1000~1500円アップといったところ。格安SIMが使える商品もある。

「昨年、スマホの大容量データプランが相次いで登場したことを受け、従来のモバイルルーター市場は縮小傾向。そのため、各社ともホームルーターに力を入れています。これからが楽しみなジャンルですね」

【Speed Wi-Fi HOME L01(au/UQコミュニケーションズ)】

インテリアにしっくり馴染むスタイリッシュな円筒形

下り最大440Mbpsの高速通信が魅力。「WiMAX2+と4G LTEの2つの通信方式に対応。後者を利用するには月1005円のオプション加入が必要ですが、据え置き利用ではいちいち電波を切り替えたりしないので、WiMAX2+のみの標準プランで十分」

本体価格:実質0円

料金プラン:月額4380円

(データ容量制限なし。「WiMAX2+おトク割」適用時)

通信速度:下り最大440Mbps

通信方式:WiMAX2+、4GLTE

最大接続数:42台

(LANポート×2台、Wi-Fi SSID×2×20台)

本体サイズ(H×W×D):約180×93×93mm

重量:約490g(アダプタ除く)

【SoftBank Airターミナル3(ソフトバンク)】

月額料金がお手頃なバランスモデル

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1376749

ホームルーターの先駆けモデルの1つであるAirターミナル(’14年)がスタイリッシュに進化。TDD-LTE対応エリアでは下り最大350Mbpsの高速通信を実現。本体はauの「HOME L01」と同じく、モバイル市場での躍進いちじるしいHUAWEI製

本体価格:実質0円

料金プラン:月額3800円

(データ容量制限なし。「SoftBank Air割」適用時)

通信速度:下り最大261Mbps

(一部地域では最大350Mbps)

通信方式:AXGP、4GLTE

最大接続数:64台

本体サイズ(H×W×D):約208×95×95mm

重量:本体約550g、アダプタ約150g

【Aterm HT100LN(NECプラットフォームズ)】

格安SIMが使えるSIMフリーモデル

格安派にうれしいSIMフリーモデル。「どこのMVNOを選ぶかでパフォーマンスは大きく異なります。データ通信プランは基本的に契約期間に縛りがないので、遅いと思ったら即、乗り換えることです。また、データ容量制限なしのプランは速度が落ちるので要注意」

本体価格:1万7629円(Amazon価格)

料金プラン:MVNOにより異なる

通信速度:下り最大150Mbps

通信方式:FD-LTE

最大接続数:10台

本体サイズ(H×W×D):約37×130×130mm

重量:約200g(アダプタ除く)

取材・文/SPA!編集部 撮影/高仲建次


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス