最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

鉄剤の服用で黒くなった子どもの歯。良い対処法はある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回の相談者は、鉄剤の服用により子どもの歯が黒ずんできたが、このまま取れないのではと心配しています。

2歳児のママからの相談:「治療薬の影響で子どもの乳歯に黒ずみが…処置すれば取れる?」

『息子が1歳の時に肺炎で入院した際に貧血があると言われ、鉄剤を飲むことになりました。飲み始めてしばらくすると、下の前歯の歯茎付近に黒いラインが現れ、上の前歯の表面も着色汚れのようなものがあります。歯ブラシで掃除しても全く消えず、着色取り剤で上の歯は取れましたが下の歯は取れません。もう歯に染み込んでいるような感じがしますが、この黒いラインは入ったままなのか、それとも歯科で処置を行うと取れるのでしょうか?(30代・女性)』

薬の変更など、医師に相談してみても


子どもの歯はエナメル質が薄いため、着色しやすいそうです。見た目だけの問題で歯そのものに特に害は無いですが、どうしても気になるなら着色作用の少ない鉄剤があれば変更してもらうなど医師に相談してみましょう。

『鉄剤をお茶と一緒に飲むと歯が着色することは知られていますが、クエン酸第一鉄という成分の鉄剤は、お茶を飲まなくても着色の原因となります。着色自体に害は無く、見た目だけの問題です。特に急いで処置する必要は無いですが、事情を話して今よりも着色しにくい成分の鉄剤に変更出来るかどうか主治医に相談するのも一つです。(歯科衛生士)』

『子どもの歯はエナメル質が薄いため、飲み物や食べ物の色が着色することがよくあります。現在着色取り剤を使用しているのなら、そのまま続けて下さい。(看護師)』

歯科でのクリーニングも


何をしても黒ずみが取れず気になる場合は、歯科でクリーニングをしてもらう方法があるようです。しかし、処置による子どもの歯への影響や、これから永久歯に生え変わること、子どもが恐がらずに治療を受けられるかなど様々なことを考慮する必要があるようです。

『軽い着色だと歯ブラシと研磨剤で落とすことが出来ますが、酷い場合は歯科のクリーニングで落とします。現在2歳半ということですが、怖がらずきちんとお座りが出来るなら、小児歯科でクリーニングの相談をしてみてはいかがでしょうか。まだ現在も鉄剤を投与中なら、治療が終わってからクリーニングすると良いでしょう。(歯科衛生士)』

『歯科でホワイトニングの処置を行ってもらうと良いですが、使用する薬剤は刺激が強い物もあります。子どもの歯は柔らかいためダメージを受けやすいですし、いずれ生え変わることなどから、小さい子どもにホワイトニングを推奨しない医師もいます。まだ2歳ということですし、じっとしていられず、治療自体が難しいことも予想されます。しかし、方法として無い訳ではないので、一度相談してみてはいかがでしょうか。(看護師)』

歯が黒くても、歯そのものに特に害は無いようです。これまで通り自宅でケアをしながら様子を見るか、どうしても気になるなら小児歯科で相談してみてはいかがでしょうか。


外部リンク(イクシル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス