最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

何が正解?恋をうまくいかせるLINEのやりとりテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最初は良かったのに、LINEのやり取りをするうちに脈ナシっぽくなってきた……こんな経験ありますよね。気軽に連絡できる分、恋の進展にも影響大なのがLINEです。恋してるなら、どんなやりとりが正解なのでしょうか?

恋をうまくいかせるLINEのテクニック

■ 駆け引きは感じが悪いだけ

「まだ未読?」「既読なのに返事がない……」LINEのやり取りから、脈あり度を測ってしまうことってありますよね。そのため、わざと未読にしておいたり、既読にして時間をおいて返信するような駆け引きをする人も。でもそんな態度は恋を失敗させるモト。

相手からLINEが来る=今なら続けてやり取りができる可能性が高い状態なのに、返信を遅らせて「この子とはテンポが合わないな」「脈ナシなら次に行くか」と思われてしまうことも。いつも即レスにする必要はありませんが、返せるときはさっさと返すだけで恋がうまくいくことも多いです。

スケジュール調整がつかない場合も「都合がつくまで放置」より「明日にはわかるからまた連絡でいい?」など、読んだこと、返事をする気はあることを伝えることが大事です。返事が遅くて喜ぶ人は普通いません。素直な態度が大事です。

■ 相手の駆け引きも疑わない

LINEのやりとりテクニック

一方で、LINEへの考え方は人それぞれ。「内容はすぐ確認したいけど返信は落ち着いたときにちゃんと考えてする」「返事できないときに既読をつけてしまうと『なんで返事しないの?』と思われるから絶対に開かない」という人も多いんです。

共通するのは「別に悪意で既読・未読スルーにしているわけではない」ということ。また、返信が遅いのも無関心だからとは限りません。自分が駆け引きするタイプや、人に対する興味の度合いで対応を変える人ほど、こんな心配が多いようです。世の中計算高い人ばかりではありません。「たまたま忙しいのかな?」程度に考えておいた方が、相手にとっても息苦しくないやり取りが楽しめるはず。

■ 脈あり、脈ナシはココで判断

恋がうまくいくLINE

では、脈あり、脈ナシはなにで測ればいいのでしょうか。返信の頻度より「用のあるLINEに対する反応」です。どうでもいい日記のLINEにはすぐ返信をくれるのに、デートのアポ取りをしようとすると返信が来なくなる……。こんなケースは脈ありとは言えません。

逆に、「おはよう」はスルーされても、遊ぶ約束はすぐできたり、相談ごとには少し遅れても丁寧な返信が来るなら、むしろ脈あり度は高めです。中身のないやり取りがダラダラ続くより、会う約束、コミュニケーションができるかどうかで判断しましょう。

■ 合わせるべきは何?

駆け引きしないといっても、ただの友達に送るようなLINEでは自分の好意が相手に伝わらないのでは?また、常に返信が早いとそれだけで引かれるかも……そんな心配もあると思います。

そんな時、気を使うべきは「吹き出しの数と文字数を相手に合わせること」なんです。たまに短文を送る程度の相手なのに、いつも既読が瞬時につき、長文で返事が来る……「待ち構えていた?」と思われます。相手が長めの文章をいくつかの吹き出しに分けて送ってきているのに、そっけない短文の吹き出し一個というのも「脈ナシかな?」「面倒くさいのかな?」と思われる原因に。

原則、吹き出しの数と文字数を相手に合わせるだけで、ある程度同じテンションでいると感じさせることができますし、既読をつけるのが早すぎても「必死か」と思われる確率が下がります。さらに、相手のよく使う言い回しを自分も取り入れたりしてみると「相性いいかも」「話しやすいな」と思われるでしょう。

■ おわりに

既読、未読、タイムラインなど、LINEの機能は便利ですが、相手の反応が必要以上に気になる困った一面があります。勝手な想像から「なんでこんなに返事がないの?」「ほかの人にだけ返事してるの?」など、ネガティブになりやすいです。時には相手から来るまで出さないなど「いつも自分発信にしない」ことも、LINEの正解の一つですよ。(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス