最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『下北沢ダイハード』 超ド級の深夜コメディが描く「シモキタの光と影」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(C)テレビ東京

「最悪の一日」を描くというコンセプトで、気鋭の劇作家11名が脚本を担当し話題のドラマ『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)。

第一話「裸で誘拐された男」、第二話「違法風俗店の男」、第三話「夫が女装する女」……と各話のタイトルを見るだけで「なんじゃそれ!」と叫びたくなる切れ味の本作は、ネット上でも大きな話題に。

この記事では今夜に放送が迫った第四話のあらすじと、超ド急の深夜コメディドラマに込めた制作陣の思いを紹介したい。

■第四話は「夜逃げ」がテーマ


(C)テレビ東京

公式サイトのあらすじを確認すると……

20年間下北沢に住み続ける須田類(緒川たまき)と椎名照美(酒井若菜)は、2人で下北沢の小さな古着屋を共同経営している。

ある日、類の元に照美の恋人である原田利夫(山西惇)が現れ、300万円の返済を迫った。原田に対し音信不通の状態であった照美は、店の奥に隠れていた。なぜなら、その300万円は店の経営のために使ってしまったのであった。

金が返せないなら結婚する、と言う原田。耐えかねた照美が姿を現すが、結婚して照美を下北沢から連れ出そうとする原田に、照美は下北沢を離れる気はないと突っぱねる。

それでもしつこく結婚を迫る原田に、類は後ろからビンテージのブーツを何度も何度も振り下ろす。原田は頭から血を流し、動かなくなり…。

(C)テレビ東京

まずい事態に夜逃げを企てた2人は、知り合いの若手俳優・深大寺(志尊淳)に連絡。何も知らない深大寺の手を借りて、箱に詰めた原田を車で運び出そうとするが…。果たして2人は逃れられるのか?

(C)テレビ東京

■下北沢だからこそ生まれたストーリーの数々


しらべぇドラマ班は、制作の裏側や本作に込めた想いなどをテレビ東京・濱谷晃一プロデューサーに話を聞いた。

――シモキタだからこそ生まれたストーリーなどはありますか?

濱谷氏「たくさんあると思います。今後、小劇場役者が巻き込まれるピンチを描く回や、崖っぷちのバンドをテーマにした回などがあります。また、最終回は下北沢の再開発をテーマにしています」

――濱谷さんにとって、シモキタはどんなイメージなんでしょう?

濱谷氏「僕の中で、下北沢って少しモラトリアム臭がする印象なんです。趣味が強い街だし、独特の文化が根付いているんだけど、だからこそ大人になりきれない人も多いと言うか。

そういう意味では、『すすきのダイハード』(※1)だったらこうはならなかったでしょうね(笑)」

(※もともと、濱谷氏は北海道の歓楽街「すすきの」を舞台にした物語を構想していた)

話題沸騰『下北沢ダイハード』 着想は歓楽街「すすきの」にあった

■シモキタを賞賛するだけでなく、悲哀も描く


――作品を見ていくと、たしかにシモキタを舞台にしつつも、どこか一歩引いて見ているような、そんな印象を受けます。

濱谷氏「そうですね。このドラマでは、すべてにおいて『下北沢バンザイ!』と描いているわけではないんです。むしろ、街の持つ哀愁や、そこに集う人たちがどこか中年化している感じも描いています。

『27クラブ』をご存知でしょうか? カート・コバーンやジャニス・ジョプリンなど、27歳で亡くなったミュージシャンたちを指す言葉です。

しかし、このドラマで登場するバンドマンたちは『39クラブ』。もともと20代で音楽を始めたのに、気づけば27クラブを一回りも過ぎていて、今でも下北沢の小さなライブハウスでやっとワンマンできるようになるレベルなんです。

そういう、『当初思い描いていたところを、実際の年齢が追い越してしまった』人たちの悲哀や希望を描ければいいなと考えていました」

■今じゃなきゃ撮れないシモキタを


――この街にはたくさんいそう……ただ、そんなシモキタも再開発の影響で少しずつ姿を変えています。

濱谷氏「そうですね。僕自身、大学生時代に音楽が好きだったり、演劇を少しかじっていたこともあって、この街の雰囲気が好きなんです。

でも、その一方で小田急線の下北沢駅の地下化や再開発の影響もあり、シモキタのもともとの風景が消え始めてる。今はちょうどその過渡期なんだと思います。そこに撮影のタイミングをもってこられたことは非常に幸運なことですし、今じゃなきゃ撮れないシモキタになるんじゃないかなと」

清濁併せのんだシモキタという街を意欲的に描いた本ドラマ。お腹を抱えて笑うだけでなく、その哀愁をも味わおう。

《作品情報》
ドラマ24『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)
毎週金曜深夜0時12分(テレビ大阪は翌週月曜深夜0時12分)

《これまでに配信した『下北沢ダイハード』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい⇒『下北沢ダイハード』川栄李奈の参加の裏に「光石研のプッシュ」が?

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤  参照:『下北沢ダイハード』公式サイト

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス