最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

山崎育三郎、主演ドラマテーマソングで話題!! オリジナルシングル「Congratulations / あいのデータ」メドレーMV完成!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


7月28日にスタートしたテレビ朝日系列金曜ナイトドラマ「あいの結婚相談所」で初主演を務める山崎育三郎が、そのドラマの中で歌う“テーマソング”の2曲「Congratulations / あいのデータ」を初のオリジナルシングルとして8月16日にリリースします。このたび、その2曲を使った初のメドレーミュージックビデオが完成しました。



この2曲は比較的ドラマの切ないシーンで育三郎扮する“藍野真伍”がピアノの弾き語りなどで披露する「あいのデータ」と結婚が決まるなどドラマのクライマックスで藍野が歌いだす「Congratulations」で、この2曲がミュージックビデオではメドレーで進みます。「あいのデータ」はカップルの2人の出会いから今までの歴史を振り返る内容の映像がうしろに映写されているのをバックに育三郎が歌う構成で、切なさが表現されていますが、曲が終わり、育三郎がカーテンの中に両手を差し込むとそのカップルの2人がそこから登場、「Congratulations」につながっていきます。そして「Congratulations」はウェディングソングらしく、結婚式のシチュエーションで育三郎とまわりの人々が2人を祝福するべく歌って踊る内容になっています。

切ないラブソング「あいのデータ」とウェディングソング「Congratulations」。この2曲の展開が十分楽しめるメドレーミュージックビデオをぜひお楽しみください。

※シングルタイトルは「Congratulations / あいのデータ」ですが、ミュージックビデオは「あいのデータ ~ Congratulations 」の順番で制作されています。

山崎育三郎コメント


「今回初めてメドレーMusic Videoにチャレンジさせていただきました。
ある男女のカップルが出会い、様々なことを乗り越えて永遠の愛を誓い結婚するまでを描いた物語です。
あいのデータでは、白いレースに映し出されたカップルの女性の気持ちを僕が歌い、見届ける役割を果たしています。
あいのデータの最後で映像の中にいる2人を引っ張り出すと、ウェデングドレスとタキシード姿なって登場するシーンは注目して頂きたいです。またCongratulationsでは、冒頭の中庭からプールサイドまでの一連の流れを1カットで歌い踊りました。
華やかでハッピーなウェデングソングを是非楽しんで下さい。」

「あいのデータ ~ Congratulations」Medley Music Video





外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス