最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

Youtubeから生まれた奇蹟の歌声…Uru「しあわせの詩」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




インターネットをやる人に高い知名度


だが、知名度という意味では、音楽が好きな人で、特にインターネットをやる人には、もっと高い。メジャーデビューの前から、彼女はYoutubeにカバーソングを投稿しつづけていたからだ。その数、100本以上。ロウソクの灯る部屋で、顔の半分だけだした彼女の歌声はヒーリング効果抜群で、思わず最後まで聴き入ってしまう

デビューしてからは自身で作詞や作曲をしているUruだが、カバーソングの時以上に楽曲の透明感は増し、そこに素の彼女の純粋さが加わっている。今回歌詞をとりあげる「しあわせの詩」は、そんな等身大の彼女の温かさが、歌声からも、歌詞からも伝わってくるものになっている。

歌詞から伝わってくるUru




冒頭は、「起きて、さあ今日は何をしよう」と言ってしまえばそれまでの内容。けれど、Uruの歌詞は、そういう些細なことにも、ちゃんと目が向けられている。朝起きると天井が見える。天井のことなんて、普段は気にも留めない。それでもUruは天井をじっと見る。
服を選ぶ、食べるものを選ぶ。みんながなんとなくこなしていることでも、Uruはちゃんと味わい、楽しみながら一日を過ごしている。



そして、そういう小さなことを味わうことこそが、「幸せ」なのだと、ちゃんと気付いている。カバーソングでは、原曲へのリスペクトを残しながらも、自分なりに解釈した表現をしなければならない。そういう物事を味わう姿勢は、カバーを一生懸命歌ってきたUruだからこそできることだ。



「誰かの言葉」「あなたの笑顔」。これはUruの歌に対する周囲の反応のことなのだろう。Uruにとってのたくさんの「喜び」を積もらせて今がある。「積もっていく」という表現は、今まで地道に努力を積み重ねてきたUruならではのものだ。
そういう喜びを、ひとつひとつ積もらせていくことが、一番の幸せだと歌う。

Uruは、透明感のある歌声もさることながら、ブログなどでみせるキャラクターもほっこりと癒し系だ。ついこの前は、春のパン祭りのシールが全部集まり、とても喜んでいた。文章から彼女の純粋さが伝わり、癒されたい人にはおすすめである。

TEXT:遠居ひとみ

外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス