最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

上原多香子の不倫を記した「遺書」を読んでいた今井絵理子、なぜ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 元SPEED上原多香子(34)が、かつて俳優の阿部力(35)とダブル不倫の関係にあったことが「女性セブン」(小学館)によって報じられた。同誌では、2014年に命を絶った上原の夫・TENNさん(享年35)の実弟が、TENNさんの遺書と、上原が不倫相手である阿部とかわした恋愛感情満載のLINEやりとり等を公表している。

阿部とはTENNさんが自殺する直前である2014年7~9月に公演した舞台で共演し親密な関係になったという上原。稽古期間を含めてもわずか2~3カ月の短い間で、「子供が欲しい」「旦那さんと別の道を歩めるように」といったことを考えるほど激しく燃え上がっている。

TENNさんからの遺書は3通用意されていたが、上原宛の遺書には、<幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから>と諦念が綴られ、<きっと阿部力となら乗りこえられると思います><次は裏切ったらあかんよ><がんばって トントン(=阿部の愛称)とお幸せに>とも書かれている。この遺書の内容を見て、TENNさんの弟は「自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました」という。しかし、「自分たちの心だけに留めよう」とマスコミ公表を控え、母も「森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん」と話したという。

遺書だけでは具体的な不貞行為の内容はわからなかったわけだが、しかしその約一カ月後に、TENNさんのスマホを見た家族は、TENNさんが保存していた“妻の不倫の証拠”を見つけてしまう。上原から阿部への「好き好き好きって」「会いたいよ」「肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの」「2人の子供作ろうね」といった赤裸々なLINEメッセージや、キス写真。それを見てしまっても、家族は上原を責めはしなかったという。

実際、上原のブログを見てみると、TENNさんの母を「大阪の母」と呼んで慕い続けてきたことがわかる。今年の正月にも、「大阪の母から、御節を届けていただきました!(中略)お雑煮用に白味噌やお野菜、すべての具材も小分けにして送っていただいたので、出汁をとり、作りました」と、ある。さらに上原の34歳の誕生日には、こんな言葉を贈られたそうだ。

「大阪の母からも
素敵なメッセージをいただきました

『過去には帽子を脱いで
 敬意を表し
 未来には上着を脱いで
 立ち向かいなさい』

寒い時に生まれた
私たちは、きっと誰より
春の輝きを待っている

お母さん、ありがとう」

(上原多香子ブログより:http://ameblo.jp/takako-uehara/entry-12238322168.html)

一連の騒動を見ていると、上原には罪悪感や後ろめたさが一切なかったのかと不思議に思ってしまう。

そしてもう一人、同様に不思議な感情を向けざるを得ないのが、先月まさにリアルタイムの不倫騒動で話題の人となった元SPEED今井絵理子(33)だ。TENNさんが亡くなった際、すぐに上原のもとへ駆けつけたSPEEDメンバーは今井だけだったが、今井も件の「遺書」をその場で読んだのだという。もしかしたらそれ以前に上原から恋愛相談として話を聞いていたかもしれない。

そんなあまりに悲しい出来事を目の当たりにし、配偶者に裏切られた者の苦しみを知ったであろう今井。また、彼女自身も結婚中、前夫がグラビアアイドルとの不倫を報じられたことがあった。それでも、“好意”は抑えきれなかったのだろうか。

(犬咲マコト)

外部リンク(messy)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス