最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

テレ朝・久保田アナ「“後輩”竹内アナ評価」にマツコ憤慨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 8月2日放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)で、久保田直子アナウンサー(35)が、同僚女子アナを評価する場面があった。

この日は視聴者から送られた、ちょっと珍しいメールが紹介された。その内容はホラー映画を見ているとき、「5人チームで細い道を縦一列で移動しなくてはならない状況になった場合、何番目に並べば一番安全なのか?」と、疑問に思ったというもの。そして、はたして列の何番目にいればゾンビに襲われにくいのだろうかと、マツコ・デラックス(44)と有吉弘行(43)に「何番目を選びますか?」と質問をしていた。

マツコと有吉は、列の順番にはその人の資質が大きく影響するとし、先頭にふさわしいのはリーダー気質の人物で、真ん中である3番目は最も安全な気がする、最後尾の5番目は裏切るかもしれないなどとトークを展開した。

そしてそれぞれ知り合いでチームを組むならという話になり、マツコチームは1番目がIKKO(55)で2番目がKABA.ちゃん(48)、3番目がマツコで4番目がクリス松村(年齢非公表)、5番目がミッツ・マングローブ(42)という並びに決定した。

一方、有吉が組む“チーム芸人”の順番は、1番目がカンニング竹山(46)で2番目はザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也(41)、3番目が有吉で4番目がアンジャッシュの渡部建(44)、5番目が同じくアンジャッシュの児嶋一哉(45)という並びである。

そして気になるのは、久保田アナが組む“チームテレ朝女子アナ”である。まず先頭に選んだのが、下平さやかアナウンサー(44)。この人選には、マツコも「下平さんは傭兵って感じよね」と納得のコメントをしていた。そして2番目には「賢い子だから策を練ってくれるので近くにいてもらいたい」という理由で、弘中綾香アナウンサー(26)が選ばれた。

しかし7月19日の放送回で、久保田アナは“ミスをしたとしても尻込みして注意できない後輩”として弘中アナの名前を挙げており、マツコと有吉から「弘中を嫌いだったじゃん」「絶対殺したくなってくるはず」と激しくツッコまれていた。

続いて4番目には「頑丈」という理由で竹内由恵アナウンサー(31)を選び、再びマツコと有吉から「ひどいこと言うね!」と指摘された久保田アナ。最終的には、アナウンス部の重役である大下容子アナウンサー(47)を4番目に入れ、最後尾の5番目に竹内アナを配置。3番目に自分という並びを選択した。

それにしても、竹内アナの人選の理由があんまりだ。久保田アナは慌てて「頑丈って言っちゃった。健康的!」と言い直したものの、マツコから「はるかにアンタのほうが頑丈よ!」と痛い指摘をされていた。(寺西ジャジューカ)


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス