最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“胃もたれするぐらい濃い”間宮祥太朗の多面性 写真集「GREENHORN」撮影エピソード&見どころ語る<コメント到着>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【間宮祥太朗/モデルプレス=8月10日】現在放送中のドラマ「僕たちがやりました」(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜よる9時~)に出演する俳優の間宮祥太朗(24)が、自身2冊目となる写真集『GREENHORN』を9月16日に発売する。

その多彩な表現が好評だった1st写真集『未熟者』から約2年。同じ意味を持つ英語をタイトルに、再び多彩な表情を見せるセカンド写真集が完成した。

台湾の地に降り立った“間宮祥太朗”という名の男たち、彼らは一体何者なのか。「胃もたれするぐらい濃い内容」と本人に言わしめた珠玉の1冊。現在の心境から恋愛観まで語り尽くしたロングインタビューも併載される。

同作の発売を記念し、4都市(東京・仙台・大阪・名古屋)にて握手会開催も決定した。

◆間宮祥太朗コメント



― 撮影のエピソード

前回の未熟者の沖縄から2年、今回は台湾まで足を伸ばさせて頂いて充実した撮影が出来ました。台湾の街並み特有のセクシーさやノスタルジックさだけではなく、自然が作り出す空間の魅力も大いに楽しみました。なによりも未熟者と同じチームだったので、共通認識が多かったり意思の疎通が早かったりと、短い時間の中でも濃密な撮影を行うことが出来ました。

― 写真集の見どころ

見所は見て下さる方に委ねています。品揃えが豊富!というと何か違う様な気もしますが、ひとりの人間を随分と多面的に写し出して貰っています。そこは前回の未熟者とも通じる部分で、自分の写真集の個性のひとつだと思います。撮影が終わりインタビューを受けている時に気付いたことですが、前回のものとは上下巻の様な在り方として捉えるのも面白いと思っています。GREENHORNという題名に決めたのもそういった理由があります。変わった部分と変わらない部分が浮き彫りになり、同じ人間に流れた時間が内包されている所も楽しんで頂けると幸いです。

(modelpress編集部)

■間宮祥太朗(まみや・しょうたろう)


1993年6月11日生まれ。神奈川県出身。08年、「スクラップ・ティーチャー~教師再生」にて役者デビュー。これまでの主な出演作はドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」「水球ヤンキース」「信長協奏曲」「早子先生、結婚するって本当ですか?」、「ニーチェ先生」では主演を務め、映画「ライチ☆光クラブ」「高台家の人々」「黒い暴動」「闇金ウシジマくんザ・ファイナル」「帝一の國」などに出演。公開待機作に「トリガール!」(9月1日公開)がある。現在、ドラマ「僕たちがやりました」(関西テレビ)放送中。「銀河英雄伝説」シリーズなど、舞台でも活躍している。

■間宮祥太朗2nd.PHOTO BOOK『GREENHORN』


撮影:京介
発売日:2017年9月16日
A4判120ページ・両面カバー仕様

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス