最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

お宮参りのマナー、行く時期・服装・祈祷はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


赤ちゃんが生まれると、これまでの生活にはなかったイベントが目白押し。産後1ヶ月の「床上げ」の後には、「お宮参り」がやってきます。赤ちゃんが生まれてから、初めて神社へのお参りをする日本の伝統行事にはどんな由来や意味が込められ、どのように行うとよいのでしょうか。見ていきましょう。
お宮参りとはどんな行事なの!?

赤ちゃんが生まれると、これまでの生活にはなかったイベントが目白押し。生まれた直後は「お七夜」に「命名式」。産後1ヶ月には「床上げ」もありました。そしてやってくるのが、「お宮参り」です。聞いたことはあるけれど、どういうものか正確には分からない、何をすればいいのかわからない、そんな方も多いのではないでしょうか?
お宮参りとは
お宮参りとは、赤ちゃんが生まれてから、初めて神社へのお参りをするという日本の伝統行事です。その土地の守り神に、赤ちゃんの健やかな健康をお願いします。

お宮参りをする理由
古くは、出産には血の忌みがあるとされており、それを祓う忌明けの儀式でした。また土地の氏神様の氏子として祝福を受ける儀式でもありました。現在では、神様に子どもの誕生を報告して、健康と成長を願う儀式となっています。そのような時代によるお参り自体の理由の変化により、土地の産土(うぶすな)神社にお参りするという習慣は薄れて、現在ではそれほどこだわりなく、他の神社へのお参りが増えています。
お宮参りのマナーとは

お宮参りは伝統行事。その土地によってマナーやしきたりが異なることもありますが、ここでは一般的なものをご紹介していきます。
お宮参りに行く時期とは
一般的には、男の子が生後31日~32日目、女の子が32日~33日目とされています。しかし地域によって違いがあります。京都などでは、早くお嫁に行けるようにと、女の子の時期の方が早くなっています。この点も時代とともに厳密ではなくなっており、おおよそ生後一ヶ月あたりに行うという風潮になっています。

子どもや母親の健康状態などを考慮して、無理のない時期に行いましょう。赤ちゃんの健康優先のため、基本的に一ヶ月検診を終えてからが望ましいです。そのため寒い地域では、冷え込む時期を避けて、温かくなってから行うケースも多く見られます。また猛暑の日中などは、正装をしているお母さん、赤ちゃん、ともに体調への影響が大きいもの。健康を崩さないよう、避けたほうが無難かもしれません。また、遠方に住んでいるお爺ちゃん、お婆ちゃんと一緒に行う場合には、各家庭の事情に合わせて、時期を決定する場合も多いようです。
お宮参りの日取りは決まっている?
日取りにおいても、こだわる必要はありません。大安がよい、仏滅が悪いといったこともありません。
赤ちゃんと両親の服装についてのマナーは?

■赤ちゃんの服装

男の子は、松や鷹や鶴の熨斗目模様の羽二重の紋付が定番です。女の子は手鞠や花や羽子板が染められた友禅縮緬が正式な祝い着となります。まだ赤ちゃんで着ることはできませんので、赤ちゃんには麻の葉模様のネルやガーゼの肌着などを着せて、フードとよだれかけをつけて、その上に祝い着をかけます。また、祝い着に縁起物をつけるのがしきたりとなっています。縁起物は、デンデン太鼓、犬張子、お守り袋、扇子の4点がワンセットとなっています。

赤ちゃんの祝い着は、実家から送られる習慣があります。値段としては5万円から10万円が相場といったところです。しかし、最近ではレンタル衣装を利用する方も少なくありません。写真館のお宮参り撮影プランといったものを利用する方もいます。祝い着は非常に高価ですが、男女ともに、七五三の祝い着として使うことができます。袖の直しや肩上げ、腰上げ、襦袢のつけ袖の取り外しなど、少々の手直しを加える必要があります。これは専門のお直し屋さんに頼むのもよいでしょう。男の子の場合は、これに袴などを揃えれば完璧です。

■父親

ほとんどの場合がスーツとなります。

■母親

江戸褄模様の黒留袖が正装とされていましたが、現在では、無地の一つ紋や色留袖などの略式でもよいとされています。髪型は着物に合うようにアップにしましょう。フォーマルな洋装でも構いませんが、あまり華美になりすぎたり肌の露出の多い服装にならないように注意しましょう。産後の体型や体調の問題から、洋装を選択される方も多いようです。和装、洋装ともに、赤ちゃんを引き立てるように、赤ちゃんの祝い着と色が被らないように注意しましょう。

参加者全員が揃っての写真が残るので、皆のドレスコードを合わせることも意識しましょう。古くは、赤ん坊を抱くのは婚家側の祖母とされていますが、これは産後の忌を避けるという意味から来ている風習であり、現在ではあまり意識する必要がありません。家族の都合を考慮して判断いたしましょう。

挨拶回りはしきたり?
古くからは、お宮参りが終わったら親戚やご近所などに挨拶回りをするしきたりがありました。しかし、現在ではこれも厳密ではなく、赤ちゃんと母親の体調などを優先して判断するようになっています。
お宮参りで事前に確認しておくこと

お宮参りでは神社にお参りにいきます。その神社によって、祈祷ができる時間帯が異なっていたり、初穂料などにも違いがあります。結婚式が被っていると、祈祷ができないなんてこともあるので前もって調べておきましょう。
お祓い等のスケジュールについて
お宮参りの時にお祓いを受け祝詞を上げてもらう場合は、事前に社務所に問い合わせをしておくとよいでしょう。予約の要・不要は神社によって異なります。お参りと賽銭だけで済ます場合は、特に連絡の必要はありません。神社の開いている時間をチェックして、あとは各家庭のスケジュールを優先しましょう。

お参りは、まず神社の入り口にある手水舎(ちょうずや)の水で手を清めたら、続いて口を漱ぎます。その後、社殿への行き、お賽銭を上げます。鈴を鳴らして、参拝します。参拝は、基本的に神社に行った時の一般的なお参りと同じ「二礼、二拍手、一礼」です。
玉串料金の確認
お宮参りで祈祷してもらう際の料金のことを、玉串料、初穂料といいます。神社によっては料金が決められている場合がありますので、社務所に予約を入れる際に料金についても問い合わせをしましょう。

特に祈祷料金が設定されていない場合は、任意の額ということになりますが、5,000円~10,000円が相場となっています。玉串料、初穂料は、白い封筒かもしくは、のしなしの祝儀袋に入れて渡します。表書きは、上段に玉串(もしくは初穂料)、下段に赤ちゃんの姓名を書きます。
撮影場所と撮影スケジュール
神社によっては祈祷中の撮影はNGである場合もあるので、祈祷風景を撮りたい場合は事前に確認をしましょう。写真館で写真を撮る場合は、お宮参りの前にするか後にするか、後にする場合はお宮参りにかかる時間などをよく考慮してスケジュールを立てましょう。赤ちゃんの体調などによっては、お宮参りと撮影を別の日にすることも検討しましょう。

お宮参り後の食事
現在では、お宮参りの後に、祖父母や親戚が集まって会食をして、お食い初めを一緒に行う場合も多いです。お食い初めは、元来は百日祝いともいい生後100日付近に行う儀式で、赤ちゃんが一生の間、食べるのに困らないようにと願います。外で食事をする場合は、できるだけ予約を入れるようにしましょう。その際、お宮参りのお祝いだと告げると、メニューを考慮してくれる場合もあります。

お店は禁煙席であることを確認して、赤ちゃんが泣いた場合のことを考えて授乳やオムツ換えができるところ、そしてできれば個室が望ましいです。ネットで、乳児対応があるレストランなどを検索して選ぶとよいかもしれません。
まとめ
赤ちゃんにとって、生まれて初めての大行事です。また、お母さんにとっても、産後はじめての大きなお出かけとなるケースも多いでしょう。まずは体調を万全に整え、事前の準備をしっかりとして行いましょう。

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス