最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

草刈正雄の長女・紅蘭、「父に与えられた環境が悔しい」と積年の悩みを激白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

8月8日放送の「火曜サプライズ」(日本テレビ系)には俳優・草刈正雄の長女であるタレントの紅蘭が登場し、「芸能以外で新しいことを始めようと準備しているが、自分には一体何が向いているのか」とスピリチュアルカウンセラー・江原啓之に相談した。

父の知らぬ間に娘の会社が爆誕!


現在紅蘭はパーソナルトレーナーとしても活躍し、昨年は自身の会社を設立したという。

紅蘭は「会社というのは裏方。芸能っていうのは前に出るじゃないですか。私はどっちが向いてるのかなってすごく悩む時があって」と始め、「表方は向いてないって自分で思ってて。高校生の時とかみんなでプリクラとか撮りに行くじゃないですか。すんごい嫌だったんですよ。写真とか」と相談理由を打ち明けた。
これに江原は「写るの嫌いだったとか、コンプレックスあったとか言うんでしょ」と切り出し、「全ての環境は親によって与えられてるっていつも思ってる。自分の場じゃない、自分が作ったものではないって」と紅蘭の心の奥底を読み解いた。

相談に対し江原は「個人的な事業に関してはすごく合ってる」とし、「ジャンルを作る必要はないと思う。(パーソナルトレーナーなど)人をリードするには説得力がないと。表でもあり裏でもあり。両方が必要」と答えた。

紅蘭は「負けず嫌いだしプライド強いし」と自身を語り、「高校の時からアルバイト掛け持ちとかして。皆様が思ってる以上に普通のお小遣いだったんですけど、私がバッグを買ったら『どうせ親から買ってもらったんでしょ』(と言われた)ホントに悔しくて」と感情を爆発。 さらに「自分の人生は自分で絶対決めてやる!って決めてたのに、今ここに立ってることが自分に対して悔しい。あっ(親の力)使っちゃったじゃんとかすごい思うし。なんか歯がゆくて」と鬱積した感情をぶちまけた。

紅蘭は「自分でマネージャー探して来て、お金関係とか自分で全部やってるんですけど、名前は父の(個人)事務所。それもすごい嫌で自分で(会社)設立」と内情を暴露。さらに「父は知らないんですけど。私が会社立ち上げたこと」とぶっちゃけて皆を笑わせた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス