最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

壁ドン以上の破壊力!竹内涼真ドアドンに「息してない」女子が続出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

2桁視聴率を維持し、絶好調の『過保護のカホコ』(日本テレビ系)。8月9日の第5話は、前回「ブチギレ」で家出したパパ(時任三郎)が、高畑充希演じる娘・カホコからの連絡を待ちわびていた。

しかし、ママ(黒木瞳)は全く折れる気配を見せず、カホコもパパを気にかけながら、親戚たちのトラブルも放っておけない。

竹内涼真演じる麦野とは、順調に仲良くなっていくが、つらい生い立ちを背負う彼に何かしてあげたいという悩みも――そんな中でピュアかわいさを失わないまま、大きく成長しているカホコに、麦野もついに陥落。

ようやく帰宅できたパパと相変わらず麦野を遠ざけようとするママの前で、麦野が急展開の交際宣言をし、カホコも一気に自立した言動をみせたことで、今度はママが家出してしまった。

■ばぁばの言葉がステキ


(画像は『過保護のカホコ』公式サイトのスクリーンショット)

麦野のアドバイスもあり、過保護から抜け出すためにも働いてみようとするカホコだが、ママが超・過保護に干渉するのを止めることができない。

学童保育のインターンシップにも付いてきて、手出し口出しした挙句「モンスターペアレンツが来るかも」と、カホコに仕事を辞めるよう迫る。

そんなママに対し、唯一まともに意見できるばぁば(三田佳子)。今回もナイスアシストな言動で、多くの共感を得ていた。








■パパは今週もかわいそすぎ


家を飛び出してしまった手前、実家の居心地がすこぶる悪くても、帰るに帰れない状態のパパ。先週もかわいそうだったが、今週もその状態が…。

カホコへの愛情を口にしながら涙を流していると、待ちわびたカホコがパパのもとへ! いつものように「パパ、お願いが2つあります。1つめは、家に帰ってきてください!」とペコリ。






勇んで一緒に帰ろうとするが、「2つめのお願いが…ちょっと寄るところがあるから、先に帰ってて」と、まさかの置き去り…






迎えに行ってあげたのはエラかったけど、それはパパがかわいそ過ぎるぞ、カホコ。

■お姫様抱っこ!


(画像は『過保護のカホコ』公式サイトのスクリーンショット)

パパを置き去りにして、カホコは麦野のもとへ。ここまでの間に、少しずつ麦野の哀しい生い立ちが語られていたが、ついに大事にしていた絵具の秘密も明らかに。

出て行ったという麦野の母親を探す方法がないかと考えるカホコに、会うつもりはないと強く言う麦野。だが、使い切った絵具をずっと持っているのは、会いたい気持ちがあるからでは――と指摘され、絵具を川へ投げ捨ててしまう。

川へ入って絵具を探しながら、さまざまなトラブルや母親の干渉に対処できていないイラ立ちも含め、「自分がなんにもできないのが悔しい」と泣くカホコ。

そんな姿を見つめていた麦野は、転んだカホコに駆け寄り…お姫様抱っこ!








しかし、今回のキュン死ポイントは、こんなものではなかった。

■ドアをガッと押さえての…


びしょ濡れで帰ってきたカホコに驚く両親の前へ、麦野が登場。ママが「これ以上かかわらないで」と厳しく言い、ドアを閉めようとすると、ガッとそのドアを押さえ

「いやです。娘さんともう会えなくなるのはいやです。バカがつくくらい単純で素直だけど、いつもこっちの予想以上のことするんで、目が離せないっつーか…自分もがんばらなきゃなって思えるし。お二人がなんでそんなに娘さんをかわいいと思うか、やっとわかりました。

できれば交際を許してほしいと思ってますけど、今はこんな格好なんで、また改めてお願いしに来ます」

…と、ある意味“立派過ぎかよ!?”な堂々の交際宣言!




「いや、こっれは、、、、

玄関のドア掴んでバァン!ってやって話し始めるのカッコいいし、話し終わって『じゃあ失礼します』って帰る姿もカッコいいし

竹内涼真クラスタ息してる???
私はしてない」

■ドアドンは壁ドン以上の破壊力


この男前を極めた交際宣言に、トレンドワードには「竹内涼真」「麦野」が上位に入り、「竹内涼真かっこよすぎ」「竹内涼真 ドア」ほか、タイムラインが沸きまくった。


そんな「息してない」女子が続出する中、麦野の交際宣言にも刺激され、ずっとモヤモヤしていたカホコの自立心が、きちんと言葉になってママに語られる。

カホコの成長ぶりに、多くの視聴者が温かい気持ちになったが、パパが帰宅したのと入れ違うように、今度はママが家出してしまうラストに。

■しかも予告でトドメ


さて、本編だけで充分すぎる「キュン死した女子」の屍が転がっていたものの、毎度、楽しみすぎる『過保護のカホコ』次回予告。

そのために全員が蘇生したはずだが、本当のトドメはこっちだった!

ママが出て行ったことに戸惑うカホコの表情から、次回予告に切り替わると、いきなりカホコに顔を寄せた麦野が耳元で…

「大好きだよ、カホコ」

このとんでもないトドメで、即死した女子の数がおびただしいことに。






そのほかTwitter上には「カホコになりたい」女子や、「せめて名前がカホコだったら…」といった願望があふれかえっていた。

かなり速い展開で交際に至るもようの「むぎかほ」だが、物語はまだ中盤。

二人の交際がどうなるのかと合わせて、竹内が測定不能な“のべキュン死者数”をどれだけ伸ばし続けるのかにも注目だ。

《これまでに配信した『過保護のカホコ』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→竹内涼真「お前が必要なんだよ」に悶絶!『カホコ』パパの乱も勃発

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス