最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

水着 

2位花柄「男が本命に着てほしい水着の柄」1位は?体型別悩み解決策も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



夏のイベントといえば、欠かせないのが海やプール! ここ最近は、フォトジェニックなナイトプールも人気を集め、ますます盛り上がりを見せていますよね。

となれば、ズバリ気になるのが“水着選び“。そこで今回は、『美レンジャー』が20~40代の男性500名を対象に「好きな女性に着てほしい水着の柄は?」というアンケート調査を実地。

気になる調査結果と併せ、イメージコンサルタントである筆者が、本当に似合う体型別水着をご紹介します。

メンズ大絶賛!「好きな女性に着てほしい水着」1は…


10位・・・タイダイ柄(4.8%)

9位・・・エスニック柄(5.4%)

8位・・・フルーツ柄(5.8%)

7位・・・アニマル柄(6.0%)

6位・・・トロピカル柄(7.4%)

5位・・・チェック(9.2%)

4位・・・ボーダー(9.4%)

3位・・・ドット(9.6%)

2位・・・花柄(10.4%)

1位・・・無地(28.0%)



1位に輝いたのは、無難といえば無難(?)な“無地“でした。

「やっぱり目を引くのは、白や黒の水着。胸元がクロスになっていたり、デザインに遊び心があるとなおよし!」、「彼女には子どもっぽい柄物よりも、大人のセクシーさを求めてしまう」、「私服では抵抗のあるビビットカラーも、水着ならなぜかオシャレに見える」などと、男性陣は猛プッシュでした。

理想の彼女はやっぱコレ!大人キュートな花柄


続いて2位にランクインしたのは、女性からも支持率の高い“花柄“。

「華やかで女性らしい花柄は、ぜひとも着てほしい!」、「可愛いし、自分ウケを狙ってくれたのか……なんて妄想炸裂。なぜかテンションの上がる柄」、「同じ花柄でも、花柄×フリルやリボンはちょっと苦手。シンプルなのが理想です」という声が多く見受けられました。

水玉模様も水着ならOK!ビーチでも目立つドット柄




3位には、“ドット柄“がランクイン。

「黒のドット柄ならいうことなし!」、「大人可愛いイメージで着こなせそう」、「いかにもな大きい水玉は、幼い印象が……。細かいドット柄が好きです」と、こちらも注文の多い結果となりました。

相性さえ掴めばこっちのモノ!体型別「本当に似合う水着」着こなしテク




男ウケのよい柄がわかれば、星の数ほどある水着選びもぐ~んとラクになりますよね。さらに今回は、イメージコンサルタントである筆者が、体型別に似合う水着の柄をご紹介します。これでもう、水着選びに迷うことなし!

(1)ぽっちゃりさん・・・無地


女性らしい、丸みのある体型なぽっちゃりさんは、ボーダーやドット、チェックなどの柄物を着ると、横に大きく見えてしまいがち。

女性らしいグラマラスな体型を引き立てるのに、参考になるのが“グラビアアイドル“。彼女たちを見ると、無地の水着の着用率が高いですよね。

シンプルな柄・デザインの水着が、女性らしいフォルムをすっきりとキレイに見せてくれます。「どうしても柄が着たい……」という方は、ハイウエストの水着ならお腹周りをカバーしてくれるのでオススメですよ。

(2)痩せ型さん・・・花柄


「水着を着ると、貧相に見えてしまう」、「バストが小さいのが悩み……」そんな痩せ型さんは、柄とデザインのダブルコンボでスタイルアップが可能です!

オススメなのは、胸元に華やかさを与えてくれる“花柄“。さらにこだわりたいのがデザイン。たっぷりとフリルのついたオフショルダーやニット素材などの流行のデザインは、胸元にボリュームを出してくれるので「華奢なのにバストはボリューミー!」という理想の体型を演出してくれますよ。

(3)寸胴さん・・・上下別


「体型にメリハリがない……」そんな寸胴さんは、水着で手っ取り早くくびれを実現させちゃいましょう。

無地×リーフ柄、無地×ペイズリー柄などの上下別の柄の水着にすることで、上半身と下半身に簡単にメリハリを付けることができます。

また、海外セレブのようなサイドカットや、ウエスト部分に穴があいたセクシーなデザインの水着も、よりくびれが強調されるのでオススメですよ。

メイクや洋服同様に、水着にも似合う・似合わないがあります。自分の体型に似合う水着スタイルさえ覚えておけば、着るだけで3割増しに見えるもの。ぜひこの夏は、本命水着を手に入れてくださいね!


外部リンク(美レンジャー)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス