最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ヴィクトリア・ベッカム、宅配ピザ店を提訴へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴィクトリア・ベッカムが、宅配ピザ店に訴訟を起こす構えだという。

ヴィクトリアは、配達車に極薄のピザの宣伝として「拒食症並みにガリガリのファッションアイコン」と書かれたたすきをかけた自身の風刺画を使用している、英イングランド北東部ニューカッスル・アポン・タイン近郊にある「シドゥ・ゴールデン・フィッシュ・アンド・チップス」に対し、法的手続きを進めているようだ。

その車には「新しいヴィクトリア・ベッカムの極薄クラストわずか2mm!!」と宣伝され、似顔絵には「薄くない」と書かれた矢印、ピザの写真には「薄いとはこのこと」という矢印が付けられたものになっており、ヴィクトリアの広報担当はこのスローガンに対し「配慮に欠ける」として次のようにコメントしている。

「これは、このような障害を矮小化する至って不適切な表現です。またヴィクトリアのイメージに対して、配慮に欠けた中傷であります。残念ではありますが法律で裁かれることになります」

一方で同デリバリー店マネージャーのソニ・シドゥ氏は、摂食障害を軽く扱うような意図はないと強調している。

「スタッフ、オーナーを代表しマネージャーとして、我々は摂食障害がどれだけ深刻なものかを認識しており、決してその症状を患う人たちを軽視するつもりはありません」
「お客様および一般の方々が私たちの宣伝を文脈内でご理解いただきたいと思います」

また、摂食障害のサポートサービスSEEDの共同設立者マーグ・オゥトゥン氏は、この宣伝を「最低」だとし、レストラン上層部は恥を知るべきだとメール・オンラインにて主張している。

「毎年摂食障害を患う人の20%が亡くなっているのです」
「ピザの宣伝にこの疾患を利用するとは最低です」
「最近では精神疾患に関して理解の向上が図られた様々なことが行われてきていて、摂食障害に関しての偏見は減退してきています」
「(このピザの宣伝は)間違った方向に行っています。責任者は恥に顔をうずめるべきです」
「これは人々を危険にさらしています。摂食障害に苦しむ人々は日々自分たちの感情、思考と共に戦っているのです」

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス