最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

講師が不適切ワードを絶叫! 微妙な自己啓発セミナーに潜入してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「あなたも成功できる!」「引き寄せる」などの心地よい言葉が並ぶせいか、騙される人が一向に減る気配のない自己啓発セミナー。なぜ、人々はそこに引っかかり続けるのか? そこで起きた最新の“事件簿”を追った。

◆講師が突然、絶叫。「クサレマ◯コ」

今回、SPA!記者が自己啓発セミナーに潜入取材した。赴いたのは、掃いて捨てるほどある「引き寄せコミュニケーション」セミナー。昼間の開催とあり、ヒーリングミュージックがかかった会場には主婦とみられる女性が9割。大雨にもかかわらず、赤ちゃん連れの姿も。記者の後ろで話している「水子と子宮のコンサルタント」を名乗る主婦は、他の参加者に「家を調べれば水子のできる家系は決まっている」などと講釈をしていた。“アメブロ起業主婦”界隈の恐怖をひしひしと感じる。見渡すと男性は2人のみであった。

講師は「すべての出会いは偶然ではない」と言い、なんでも「その場で思いついたことを引き寄せで話す。話す内容は偶然降ってくる」などと言うが、あまりの話のつまらなさに耐えきれず強烈な眠気が……すると、いきなり講師が「このクサレマ◯コが!」と叫び、会場が静まり返った。

「心の奥に眠っていた本音をぶちまけることを大切に。すべての答えは自分の中にあるんです」とのことだが、ほとんど女性しかいない会場では不適切きわまりない。帰り際、先ほどの水子コンサルタントが嬉しそうに写真を講師と撮っていたが、なるほど「マ◯コ」に繋がるあたり、すべては偶然ではないと納得する記者であった。

さらに取材を進めると、昨今のセミナーは「引き寄せ」「宇宙」などのスピ要素と自己実現が合体しているのがトレンドだということがわかってきた。

次に潜入した「夢を叶える」系のセミナーでは、講師が『興奮すると大声になるかもしれないので最初に言っておきます』と言いだした。参加者らは「今は派遣ですが、2年以内に2億円稼ぎたい」、「何をやったら儲かりますか。そうでなければいつ儲かりますか」などと他力本願。一方、講師はビジネスの話ではなく「パラレルワールドに行けば違う自分になれる」などと講釈。あまりのことに記者が絶句していると突然、講師が叫び始めた! 本当に興奮しているならともかく、いたって事務的な絶叫だ。受講者のテンションを上げようとしているのだとしたら逆効果。気づくと記者はメモに「キモイ、キモイ」と走り書きをしていた。

このように、ひたすら微妙な内容で、「騙された」と後悔する人もいる一方で、現在絶賛ハマり中の人は動じることがない。

― [自己啓発セミナー]に騙された! ―


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス