最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

日テレ『24時間テレビ』、市川海老蔵がマラソンのアンカーで調整…麻央基金も発表か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月30日に放送されたテレビ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)内で、今年の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(同)のチャリティーマラソンランナーが8月26日の放送当日に発表されると伝えられ、さまざまな憶測を呼んでいる。

すでに、アンジャッシュの渡部建、ブルゾンちえみ、りゅうちぇる、NEWSの手越祐也、ANZEN漫才のみやぞん、市川海老蔵、ベッキー、さらには本来なら渡米しているはずだったピースの綾部祐二や、8日に『ヒルナンデス!』(同)からの卒業が発表された同局の水卜麻美アナらの名前も、“内定者”として報じられてきた。

「毎年、『24時間テレビ』のランナーは5月頃に発表されるのが恒例となっています。今年も例年のごとく5月の発表に向けてランナーは内定していたのですが、発表直前に東京スポーツに抜かれてしまった。それが、アンジャッシュの渡部です。日テレとしては『日刊スポーツやスポーツニッポンならまだしも、東スポに抜かれてそのまま発表するのはあり得ない』ということで、急遽発表を見送ったようです」(テレビ局関係者)

こうして渡部の線が消え、次に日テレ内で名前が挙がっていたのが、りゅうちぇると手越だったという。

「日テレは、りゅうちぇると手越へ同時にオファーをしていたようです。ジャニーズ事務所からは手越の出演についてOKが出ましたが、警察サイドから『手越が走るとファンが詰めかけるので、警備ができない』と言われて断念。一方のりゅうちぇるは、途中で手越と天秤にかけられていると知り、へそを曲げてしまったみたいですが、結局りゅうちぇるが走る方向でほぼ固まっていました。しかし、またしても7月に東スポが『りゅうちぇる内定』と報じたため、日テレは発表を見送らざるを得なくなり、放送当日発表というかたちを余儀なくされたのです」(同)

●アンカーの最有力候補

今年の『24時間テレビ』は同局の人気番組『世界の果てまでイッテQ!』の制作班が仕切っているという。そのため、手越だけではなく、『イッテQ!』メンバーのブルゾンやみやぞんなどの名前も挙がったが、いずれも「インパクト不足」と却下になってしまった。別のテレビ局関係者が語る。

「一部で報道されていましたが、今からひとりのランナーに絞っては体の調整が間に合わないため、今年はリレー形式になることがほぼ確定しているようです。実は今、日テレ内でそのアンカーの最有力候補となっているのが海老蔵さんです。海老蔵さんは、乳がん患者のための『麻央基金』立ち上げを検討していることを明かしていますが、日テレは『24時間テレビ』内でその立ち上げの正式発表をすることを企画中で、それとセットで海老蔵さんをアンカーに据えようと考えています。ただ、麻央さんが亡くなって間もないこのタイミングで海老蔵さんが走れるのかという問題もありますし、そもそもチャリティ番組である『24時間テレビ』で、そこまで露骨な視聴率狙いの演出をやってしまうと、バッシングを浴びてしまうのではないかという点を心配しているようです」

内定者の名前が表に出るたびに、予定を狂わされてきた今回の『24時間テレビ』チャリティーマラソンランナー。果たして2週間後走っているのは誰なのか――。まだまだ、メディアの予想合戦は続きそうだ。
(文=編集部)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス