最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

人が集まる場所で、居心地の悪さを感じるあなたへ【心屋仁之助 塾】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなが楽しそうにしている場所で、自分だけが取り残されたような気がする。会話が弾まず、何を話したらいいのかもわからなくて疲れる。楽しく盛り上げようとして、後で心配になる。人が集まる場所で居心地の悪さを感じてしまう…。今回はそんなふうに感じたことがあるあなたへ、処方箋をご紹介しましょう。

(C) Damian - Fotolia.com

こんにちは。心屋認定講師の石川稀月です。私は以前、人の集まりが苦手で、誰かと仲良くなろうと工夫しては空回りし、孤独感に苦しみました。子育て時代には、ママ友との付き合いでも苦労しました。今回は、自分の経験もふまえて、居心地が悪く感じる理由と解決策について、お話しをしていきます。

■居心地を悪くしているのは、実はあなた自身かも
仲間に溶け込もうと思うのは、自然なことだと思います。けれど、ちょっと自分の心に聞いてみてください、その場所、本当に居心地がいい? その人と一緒にいて楽しい? ホッとできる?

もしかしたら、誰でもいいから仲良くなりたい、みんなから人気があるから近づきたい、夫や子どものために付き合っておかないといけない、などの打算で、付き合う相手を決めていませんか? その場にいる人に興味がない、あまり好きじゃないのは、もしかしたらあなたなのかもしれません。

好きでもない、気が合わない人と付き合うことほど疲れることはありません。勇気を出して、一緒にいて楽しい人、ホッとできる人と付き合っていこうと決める勇気を持ちましょう。いらない付き合いに時間と力を使っているから、気の合う人たちと出会う機会と気力が減ってしまうのです。

■「自分が」人からどう思われたら嫌ですか?
「自分が」どんな存在だと感じることが悲しいですか? 「自分」が人からどんなふうに見られたら耐えられないですか? そんなふうに考えたとき、あなたの頭に浮かぶ言葉は何ですか?

私の頭の中に浮かんでいた言葉は、

・みんなにとってどうでもいい人
・仲間に入れてもらえないような魅力のない人
・うまく合わせないと居場所がなくなる
・みんなの話がつまらない…

などの言葉でした。あなたの「自分が」のあとに続くのはどんな言葉ですか?

■誤解していると、誤解しているとおりに見える・なる
さきほどの「頭の中に浮かぶ言葉」、実はこれがセルフイメージ(自分が、自分の事をどう思っているか?)だったりします。人は自分が持っているイメージに合うような人生を過ごしていきます。

否定的な自分へのイメージは、すべて勘違いです。たまたまつらい経験をしたことがあるだけで、あなたはいつもうまくいかない人ではありません。

「○○しないといけない」という考えも誤解だったりします。子どもや大切な人に対しても「○○してあげなくても充分やっていける人」だという視点も持ちましょう。

また、人に対して思うことは、実は、ほとんど自分宛てです。人のことをつまらないと思う人は、自分がつまらなくならないように気を使う、つまらないことがバレないように人と関わらない。人の“上から目線”が鼻につくときは、実は、自分も人を見下していたり、自分も自分自身の価値が低いと感じていたりします。

■あなたが楽しめば、周りも楽しい
あなたが居たい場所が、いつでもあなたの居場所です。誰の許可もいりません。

自分の胸の中に、自分の居場所と自分の味方がいるのをイメージして、

・私の居場所はいつもここにある
・私の味方はいつもここにいる
・私は大切で魅力的でみんなに愛されている人
・不器用でつまらない私でうまくいく

など、ラクになる魔法の言葉を何度もつぶやいて、肯定的なセルフイメージを自分の中に取り込みましょう。

そして、必ずうまくいくとしたら、どんな行動をするかな? どんな視点で物事を見るかな? を想像して行動や言動を変えていきましょう。

人があなたをどう扱うかで、自分の価値をはかる必要はありません。自分の好きな人と自分のペースで関わると、自分自身が自分の味方になります。自分を大切にしていくことで、周りの人からも大切にされ、穏やかな気持ちで過ごす時間が増えていきますよ。

・このカウンセラーのブログを見る
(石川稀月)

外部リンク(ウーマンエキサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス