最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

マットネイルの魅力&デザインバリエーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マットネイルに挑戦したことありますか?指先には艶があったほうが絶対にキレイに見える!と思われる人も多いと思います。確かに艶のある指先って素敵ですよね。でも、マットネイルにはマットネイルのよさがあります。今回は、マットネイルの魅力とおすすめのネイルデザイン、簡単な作り方まで紹介したいと思います。今までもマットネイルを楽しんできた人も、改めてマットネイルの魅力を再認識してみましょう!

■ マットネイルの魅力って何?



I nails (アイネイルズ)

via itnail.jp

マットネイルというのは、「マット」つや消しデザインのネイルです。過去、ネイルの歴史の中でつや消しなんていう発想が一般的になってきたのはここ最近のこと。それまではネイルは艶があって当然でした。ではなぜマットネイルが浸透してきたのでしょうか?それは、今までにない「質感」を表現できることにあるのではないでしょうか。艶があるからこそ表現しにくい質感ってあると思います。たとえば、「布」のような質感。これは艶があったら絶対に表現できませんよね。ボアネイルやニットネイルなどには必須ですね。

また、「水滴ネイル」を表現するのにもマットネイルは欠かせません。水滴を引き立てるために、ベースはマットが一番。水滴のキラキラ感をより本物に近く表現できます。

大人っぽいネイルに仕上げる手助けにもなり、つや消しの陶器のような質感も表現することが可能です。べた塗りのワンカラーでも、マットネイルにすることによって存在感が増して、手の込んだネイルに仕上げることが可能なのです!

マットネイルの楽しみ方は複数ありますが、「質感」と「表現のためのベース」としての魅力にあふれていますね。

Casa-tua (福岡)

Casa-tua (福岡)

via itnail.jp

■ マットネイルはこんなに簡単!

Nail Anvie (滋賀)

Nail Anvie (滋賀)

via itnail.jp

マットネイルにするためには・・・基本的にマットコートを使用します。まったく知らない人の中には、「普通のネイルを削ってつや消しにするの?」なんて声もありましたが、それはあまりおすすめできません。質感が悪く表面もガサガサになってしまいます。なにより爪への負担を考えるとよろしくありませんよね。

マットコートは、100均にも売られています。セリアやキャンドゥには、つや消しになるコート剤だけでなく、すでにつや消しになっているカラーもあり!お手軽にマットネイルを楽しめるので、「まずはお試し」という人にもおすすめです。

マットコートを塗って乾かすだけでつや消しに。「塗ったけどつや消しにならない!」場合には、取り扱いや乾かす時間、塗る量に問題があるかもしれません。何度か挑戦してみてくださいね。

I nails (アイネイルズ)

I nails (アイネイルズ)

via itnail.jp

■ おすすめのマットネイル教えます♪

マットネイルが似合うネイルデザインや、おすすめを紹介しましょう!今すぐにでも試したくなるマットネイルがたくさんです♪

●水の質感を生かす「水滴ネイル」



LACCA (宮城・仙台)

LACCA (宮城・仙台)

via itnail.jp

ベースや一部をマットネイルに仕上げて、水の質感をより際立てるデザインです。つや消しのベースの上に、クリアの粒をのせるだけ。たったそれだけで水滴の完成です!クリア系のネイルと組み合わせることにより、より透明感や艶を引き立てます。

●暖かさを感じる「ニットネイル」



Casa-tua (福岡)

Casa-tua (福岡)

via itnail.jp

毛糸の暖か味を表現するにはマットネイルは欠かせません。艶っとしたニットなんてありませんよね。ニットネイルの仕上げにマットコートは必須なので、絶対に忘れないようにしましょう。ニットのもこもこ感を表現するにもマットネイルが◎

●モード系デザインにもマット感



I nails (アイネイルズ)

I nails (アイネイルズ)

via itnail.jp

モード系の大人デザインに仕上げるにも、マットネイルが役立ちます。ボルドーやネイビーといった「深みのある色合い」をより深みのある存在へと変えてくれるのがマットネイル。マットに仕上げたベースにスダッズなどの輝きがあるパーツをのせると、より強調され素敵な仕上がりに♪

Itnail編集部


外部リンク(Itnail)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス