最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ハリウッド版『Death Note/デスノート』原作者が描き下ろし&コメント「想像以上に面白かった」「映像美とスリリングな演出が見事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月25日 (金)からNetflixにて配信される『Death Note/デスノート』に、原作漫画の大場つぐみ氏と小畑健氏がコメント。さらに、小畑氏による同作の描き下ろしイラストが公開された。

『Death Note/デスノート』は、原作・大場つぐみ氏と漫画・小畑健氏による少年ジャンプのコミック『デスノート』のハリウッド実写映画化作品。動画配信サービス・Netflixオリジナル映画として、世界190の国と地域で同時配信される。原作の夜神月(キラ)にあたる主人公ライト・ターナーをナット・ウルフが、Lをのキース・スタンフィールドが、弥海砂にあたるミア・サットンをマーガレット・クアリーが、死神リュークの声をウィレム・デフォーが演じる。メガホンを『ザ・ゲスト』『Godzilla vs. Kong(原題)』のアダム・ウィンガード監督がとり、海外ドラマ『 HEROES/ヒーローズ』のマシ・オカが出演・製作で参加している。


大場氏は「想像以上に面白かったです。隅々までクオリティーが高くとてもオシャレなこれぞハリウッドDEATH NOTEです。個人的な一番の感想はラストが気になる!続きは!?作って!?そして私にまたギャラを!です。(笑)いい意味で原作を踏襲した部分と変えた部分があるのでファンはもちろん、幅広い人々に楽しんでもらえる作品だと思います。」とコメント。小畑氏は「アダム・ウィンガード監督の映像美とスリリングな演出が見事でA級スリラー映画となっています。キャラクターたちが皆欲望に忠実で、こういうデスノートも描いてみたかったと思いました。Netflixを通じて世界中で視聴できるとのことで、今までデスノートを知らなかった海外の人にも楽しんでもらいたいです。」と作品の魅力を語っている。

また、小畑氏が同作のために新たに描き下ろしたイラストは、米サンディエゴで開催されたコミコンで解禁されたもの。イラストには「Don't trust Ryurk. He is not your Pet. He is Not Your friend.(リュークを信じてはいけない。リュークは、ペットでも、ましてや友達ではない)」とのコピーが描かれている。その言葉通り、死神リュークの大好物のリンゴを持った主人公ライト・ターナーに対して、デスノートを持ったリュークが怪しく忍び寄っている姿が印象的だ。

プロデューサーのマシ・オカは、本作について、「この映画は監督アダム・ウィンガード氏の構想のデスノートです。ご存知の日本版とは異なる所が多数ありますが、映像をご覧になって頂ければ監督さんのデスノートへの敬意と愛が感じられると思います。 開発と製作中のあらゆる段階において、先生方と相談致しまして、先生方、そしてファンの皆様が満足して頂ける作品を作ることを心がけました」と自信をのぞかせるコメントを発表している。そのウィンガード監督は、「このストーリーは、クレイジーすぎてほとんどの製作会社は劇場作品として扱うことに二の足を踏んだだろうと思います。特に恐らく過激さを抑えようとしたでしょう。しかし、Netflixは僕たちに思う存分過激に撮らせてくれました」と、Netflixならではの製作環境について明かしている。

映画『Death Note/デスノート』は8月25日 (金) よりNetflixにて全世界同時オンラインストリーミング。

配信情報
Netflixについて
世界最大級のオンラインストリーミングサービス。190以上の国で1億400万人のメンバーにご利用いただいています。オリジナルコンテンツ、ドキュメンタリー、長編映画など、1日1億2500万時間を超える映画やドラマを配信しています。メンバーはあらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけオンライン視聴できます。コマーシャルや契約期間の拘束は一切なく、思いのままに再生、一時停止、再開することができます。
Netflix:https://www.netflix.com/jp/

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス