最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

SONYは? トヨタは? 米国人が「米国企業だ」と思っている外国企業ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Purestock/Thinkstock)

世界最大の経済規模を誇る米国。先進国でありながら、着実に成長を続ける市場を求めて、日本を始め各国の企業が進出している。

そうした中には、アメリカの株式市場に上場している会社も少なくなく、グローバル企業であるがゆえに「どの国で生まれた会社か」を知らない人もいるかもしれない。

そこでしらべぇ編集部は、リトアニアに本社を持つ調査会社Syno Japanと共同で調査を実施。全米50州に住む10~60代の男女1,017名を対象に「以下の企業が『米国発の企業』と思うか」について聞いてみた。

BMW/HONDA/Hyundai/Mercedes/Nintendo/NISSAN/Panasonic/SONY/Samsung/TOYOTA/UNIQLO(複数回答可)

実際には、いずれも日本、ドイツ、韓国生まれの企業だが、米国企業と誤解されていた上位を5位から順に紹介しよう。

■第5位:任天堂


9.4%が「米国企業だ」と勘違いしているのは、マリオやポケモンなどのコンテンツ、『Nintendo Switch』などのゲーム機が人気の任天堂。

イチロー選手が所属した時代にMLBシアトル・マリナーズを保有していたことも、米国人が身近に感じている理由だろうか。

■第4位:トヨタ自動車


4位は、世界最大の自動車メーカーのひとつ、トヨタ自動車。10.0%の人が「米国企業」と考えている。

かつて日本車は「貿易摩擦」「ジャパンバッシング」の槍玉にあげられたこともあるが、米国・メキシコなどでの生産を増やしているため、現地の従業員も増えている。

「自分の国でつくられているクルマ」という印象が増しているのかもしれない。

■第3位:サムスン


トヨタや任天堂を抜いて、12.8%の米国人が「自分の国の会社だ」と考えているのは、韓国を代表する財閥のひとつ『サムスン』。

とくに、人気の『ギャラクシー』シリーズなどスマートフォンは、自動車やゲーム機よりさらに広く普及した機器でもあり、身近な印象が強いためか。

■第2位:パナソニック


15.2%の支持を集めたのは、パナソニック。かつての社名は「松下電器産業」で、『ナショナル』という家電ブランドも高い人気を集めていたが、『パナソニック(Panasonic)』に統一されたことも米国人が親近感を覚える理由だろうか。

では、栄えある(?)第一位の企業は…

■第1位:ソニー


米国人が「米国企業だ」と考えている外国企業、第1位はおよそ2割の支持を集めたソニー。

英国出身で米国でも活躍するハワード・ストリンガー氏がかつて会長を務めたことや、電気製品のみならず映画や音楽などコンテンツ産業でもなじみ深いためかもしれない。

©sirabee.com

・合わせて読みたい→日本が「観光大国」になるにはどこを改善すべき? 外国人の答えは…

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 調査協力/Syno Japan

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ 
調査期間:2017年7月14日~2017年7月15日 
対象:全米50州に居住する10~60代男女1,017名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス