最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

11か月間で5人の娘を亡くした夫婦「人の温かさに救われた」(米)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「私たちは子供が大好き。家族は多いほうが楽しい…」米ユタ州スパニッシュ・フォークに住むジェイソンさん(32歳)とクラリッサ・オズボーンさん(28歳)夫妻に2013年、長男カーター君(4歳)が生まれた。出産後すぐ脳腫瘍が見つかったクラリッサさんは放射線療法により自然妊娠ができなくなったが2016年、人工授精により長女シャナちゃんを授かった。しかしシャナちゃんは先天性心疾患を患っており、生後2か月半で亡くなってしまう。

「子供なしの人生は味気ない。できればたくさん子供が欲しい」そう願うオズボーン夫妻にとって、突然訪れた長女の死を受け入れることは難しかった。夫のジェイソンさんは当時のことを次のように語った。

「悪夢でした。産まれてすぐ心臓の手術をして退院することができたのに、ある朝起きたら息をしていないんです。必死でCPR(心肺蘇生法)をしましたがシャナが息を吹き返すことはありませんでした。その朝のことが頭から離れず、本当につらかった…。病院から帰宅する時、クラリッサに駐車場でこう言われたのを覚えています。『我が家はシャナの物で溢れているのに、あの子はいなくなってしまった。家に帰ることなんてできないわ』とね。」

それから6か月後、不妊治療の甲斐あってクラリッサさんは再び赤ちゃんを妊娠した。授かったのは4人の女の子で、夫婦は思いがけないニュースに飛び上がって喜んだ。クラリッサさんは3回目の妊娠についてこう振り返っている。

「一度に4人も授かるなんて、妊娠を知った時は嬉しくて涙が止まりませんでした。それからはSNSを利用して多胎児の情報を収集し、友人や家族と“ベビーシャワー”もしました。新生児用のベッドを4つ、椅子もベビーカーもチャイルドシートも全て4つずつ用意し、粉ミルクやオムツも買い揃えて4つ子の誕生に備えました。」

しかし6月11日、オズボーン夫妻をまたも悲劇が襲った。クラリッサさんは妊娠23週目で産気づき、病院で緊急帝王切開が行われた。赤ちゃんは4人とも1ポンド(453グラム)以下という超低出生体重児として誕生し、全員が3日も持たずに次々と亡くなってしまったのだ。

「なぜ1人だけでも助からなかったのだろう。なぜまた私たちの赤ちゃんが…」夫妻は11か月の間に5人の娘を失った。朝、目覚めると一番に考えるのは娘たちのことで暗くて長いトンネルを抜け出すのは容易ではなかったようだ。しかしそんな夫妻を救ったのは、家族や友人、そして近所の住民だった。

「肉体的にも精神的にも参っている時にたくさんの人が優しくしてくれました。人に温かくされることで心が癒され、少しずつ前向きになれたのです。そして『このまま悲しみを背負って生きて行くよりも、笑顔で過ごそう』と思えるようになったのです。」

こう語るオズボーン夫妻のFacebookには、世界中からたくさんの励ましのメッセージが届けられたという。励ましを力に変え、2人は4人の娘たちのために揃えた品々を、亡くなったシャナちゃんと同じ病気で苦しむ家族らに寄付し、「シャナ・ケイ・オズボーン基金(Shanna K. Osborn Foundation)」を立ち上げた。この基金はシャナちゃんのように先天性心疾患であったり、その病気を克服した学生に年間500ドルを教育資金として寄付するというもので、ジェイソンさんは「5人の娘たちも大学に行きたかったに違いありません。もうあの子たちはいませんが、他の学生をサポートすることで私たちの心が救われるのです。私たちにはまだやることがたくさんありますから…」と力強く語っている。

基金のFacebookによると、現在2人の学生がこの基金を通して経済的援助を受けているそうだ。

愛する家族との別れはつらい。今年7月、息子を亡くした直後に臓器提供を決意した母親が、息子の心臓を移植された男性に自身の結婚式で初めて会った。サプライズで現れた青年に母は溢れる涙をこらえることができなかったという。

画像は『One in a Million-The Osborns 2017年6月2日付Facebook』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス