最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「私史上最高のセックス」に必要な“3つのキーワード”は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


テクニックやカラダだけでは味わえない、全身を駆け巡る悦楽を感じるには、心のクセを理解するのが重要。そこで、自分だけでなく彼をも魅了する、頭の奥がとろけるようなセックスに必要な“秘密のキーワード”を伝授します。教えてくれたのは、心理カウンセラーの塚越友子さんと医学博士の米山公啓さんです。


我を忘れて甘美に浸る究極のオーガズムには、心の状態が密接に関わってくる。

「カラダで感じていても、心が解放されていなければ、頭が真っ白になる感覚は得られません。そもそも、セックスは本能が求めるもの。無意識に自分の心が求めてくる声に、どこまで応えてあげられるかでセックスの感度は変わります」(塚越さん)

「女性は頭で考えがちですが、そうすると解放感はなくなります。心理学的に言うと、セックスの醍醐味は“自己破壊”です。つまり、今までの自分の価値観を壊して、新しい自分を生み出すこと。男女がお互いに本能で触れ合えば、今まで経験したことのない感覚に出合えるはずです」(米山さん)

でも、心を解放したくても、羞恥心や貞操観念が邪魔をする。

「邪魔になる思考をストップさせ、目の前のセックスに集中するために、自分の心を誘導してあげましょう」(塚越さん)

キーワードは“幸福感”“本能”“挑発”。至福の感覚を味わうための極意をひもときます。

■ 私史上最高のセックスをもたらす「心理的Keyword」

【絶対外せない最重要ワード:幸福感】
セックスをコミュニケーションの究極のかたちと捉える女性にとって、幸福感を味わうことは最大の喜び。そのためには、心がいかに安心しているか、また相手に対して信頼感を持てるかどうかが鍵に。

【心とカラダを存分に解放:本能】
思考をストップさせ、心とカラダが感じるために本能のスイッチをON。自分の本能を解放するのはもちろん、なかなか着火してくれない彼の野性を目覚めさせるのも重要。本能の赴くままのセックスを。

【さらに高めるエッセンス:挑発】
ある程度関係性が出来上がった二人に効果的なのが、挑発のスパイス。様々な心理的アプローチでいつもと違う二人の関係性を作ったり、互いの固定観念を破ったり…。“初めて”な感覚が得られるはず。
塚越友子さん 心理カウンセラー。「東京中央カウンセリング」代表。薬を使わない臨床心理を実践している。現在、大学院において心理学の新たな研究にも没頭中。

米山公啓さん 医学博士。専門は神経内科。診療を続けながら、作家としてミステリーやエッセイなど幅広く執筆。大脳生理学的に見た恋愛論も得意ジャンル。

※『anan』2017年8月16・23日号より。写真・Getty Images 取材、文・板倉ミキコ

(by anan編集部)

外部リンク(ananweb)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス