最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

妊娠5ヶ月の体験談「胎動を感じた」「泣きたくなるほど辛い」安定期の心境は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


安定期に入り、少しずつお腹が目立ち始める妊娠5ヶ月。戌の日に安産のお参りをするのもこの時期ですよね。そんな妊娠5ヶ月頃のママたちは、どのような喜びや不安を感じていたのでしょうか。本音を聞いてみました。
妊娠5ヶ月、プレママ・ママたちが嬉しかったエピソード

安産祈願をしたこと
・ようやく少し落ち着き、両親と共に腹帯を持って安産祈願をしに行った。腹帯に印を押してくださり、それを見ると昔からみんなこうして赤ちゃんの誕生心待ちにするんだな。と、命をつないでいく喜びを感じた。(35歳/0歳児・3歳児・5歳児/パート・アルバイト/その他)

・この頃は精神的にも落ち着き、ゆったり過ごしていた。特にご祈祷を受けたりもしなかったが、家族から安産祈願のお守りをもらったのが嬉しかった。(38歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・旦那の実家がしきりに子供の心配をしており、安産祈願をしてくれた。(36歳/1歳児・3歳児/主婦/その他)

妊娠5ヶ月頃は安産祈願をしたというママが多数。戌の日に腹帯を持って神社でお参りをしに行ったり、安産祈願のお守りを買ったり貰ったりしたというエピソードが多く挙がりました。
マタニティーグッズ・赤ちゃん用品の買い出し
・赤ちゃん用品を徐々に揃えなきゃと思い、いろいろなお店に行ったことがとても楽しかったです。(29歳/1歳児/主婦/その他)

・母と久しぶりに2人で出かけて、出産準備の買い出しをして楽しかった。(38歳/0歳児・3歳児/主婦/その他)

・お腹も少しずつ膨らんで、マタニティー用品を買うようになる新鮮さが嬉しい。(28歳/1歳児・3歳児/主婦/医療・福祉)

お腹が目立ち始めてくるものの、まだ身体がわりと不自由なく動かせるこの時期は、これから必要になってくる赤ちゃん用品を見に行くママも多いようです。マタニティーグッズや赤ちゃん用品を見たり買ったりするのがとても楽しかったという声も多くありました。より出産を身近に感じられますね。
周囲への報告で祝福された
・安定期に入ったので、今まで妊娠を報告していなかった友達にも報告することができて、祝ってもらえる機会が増えて嬉しかったのが思い出です。(29歳/1歳児/パート・アルバイト/医療・福祉)

・周囲に知らせることができるようになり、お祝いの言葉をたくさんもらいとても嬉しかった。(38歳/1歳児/主婦/その他)

・安定期に入ったので、会社の人にも報告でき、ほっとした。友人にも報告でき、みんな祝福してくれて嬉しかった。(23歳/0歳児/正社員(一般事務)/情報・IT)

安定期に入ったこの時期、職場の人や友人など親族以外の人に妊娠の報告をするママも。やっと報告ができた安心感もありますが、なにより周囲から声をかけてもらえたり祝福してもらえることが嬉しいですね。
胎動を感じたこと
・初めて胎動を感じたのが妊娠5ヶ月の頃で、わかった時はとても嬉しくて早くパパにも感じてもらいたくてしょうがなかった。(29歳/1歳児・3歳児/正社員(総合職)/機械・精密機器)

・なんとなく胎動が感じられるようになり、赤ちゃんがいるのだと実感がわいてきました。(40歳以上/0歳児・2歳児・5歳児/主婦/その他)

・そろそろ胎動がわかると聞いていたので、これかな?とわくわくしていた。(30歳/1歳児/主婦/その他)

そろそろ胎動を感じられるようになるママが多くなるのも、この時期。お腹が脈打つようにピクっと動いたのを感じた時、思わず嬉しくなったという声も多くあがりました。子どもが動いているとわかると、順調に成長することがわかり感激しますよね。

妊娠5ヶ月、プレママ・ママが抱えていた不安エピソード

体重管理が大変で……
・食欲が少しずつでてきて、自分の体重が増えてきたことで体重管理が大丈夫か不安になった。(30歳/3歳児・5歳児/主婦/その他)

・体重が一気に増えてしまい病院でも注意され不安になった。(25歳/1歳児/主婦/その他)

・脂肪がつきやすかったので体重管理をするのが大変でした。産婦人科へ行くたびに体重測定をするのでその度に体重が増えていないかが不安でした。(29歳/2歳児/主婦/その他)

つわりも落ち着き、食欲も増してくるこの時期は、体重増加に悩むママが多数。体重が増えすぎてしまったために定期健診で注意を受けてしまったという声もたくさん挙がっています。つわりでつらかった分、おいしいものが食べたくなってしまいますよね。

公共機関を使うのがつらい
・バスに乗って帰らなければいけなかったが、帰宅ラッシュのバスでは誰も譲ってくれる人はいなく、泣きたくなるほど辛いこともあった。(32歳/1歳児/公務員・団体職員/医療・福祉)

・電車に乗って仕事に行っていたので、朝の満員電車で潰されないように気をつけた。(29歳/2歳児/正社員(総合職)/アパレル・繊維)

・通勤で約1時間電車に乗らなければならなかったので、座れるように時間を調整して出勤するのが大変だった。(26歳/0歳児・1歳児/主婦/その他)

いつも利用している通勤電車やバスも、お腹が大きくなるとつらいだけでなくリスクが高くなるもの。お腹が圧迫されないように気をつけたり時間を調整してラッシュ時を避けたりなどといったような苦労エピソードも見られました。

仕事上の悩み
・夜勤もしていたので、仕事はいつまで頑張れるのか、赤ちゃんに負担はないのかが心配だった。(29歳/3歳児・5歳児/正社員(総合職)/医療・福祉)

・仕事をいつまで続けるべきか、仕事についてこの先どうしたらいいのか不安だった。(36歳/0歳児/主婦/その他)

・仕事復帰して、仕事内容が負担の少ない事務に変わり今まで一緒に仕事をしてきた人たちに迷惑がかかると思い、少し気まずかったです。(29歳/1歳児/パート・アルバイト/運輸・倉庫)

この時期になると、母体の安全と仕事の責任の間で葛藤し、今やっている仕事をいつまで続けるかどうかで悩み始めるママも少なくないようです。負担の少ない仕事に変えてもらえても、罪悪感や気まずさが残ってしまったという声も。

出産することが不安に……
・お腹が大きくなるにつれて、産みの苦しみについて考えるようになり、未知の領域なので、何とも言えない不安感だった。(35歳/0歳児・3歳児・5歳児/パート・アルバイト/その他)

・段々お腹が大きくなるにつれて、ちゃんと子供を育てられるか不安な気持ちになった。(27歳/0歳児・3歳児/主婦/その他)

・お腹が育つのは変わらずに嬉しかったけど、自分はきちんと母親になれるのか不安が出たりもしました。(30歳/5歳児/主婦/その他)

この頃から、出産に耐えられるのか、自分はちゃんと母親になれるのかなどといった不安を感じ始めるママも。妊娠している実感が強くなってくる分、今度は出産や産後のことが心配になってくるのかもしれませんね。

まとめ

妊娠5ヶ月になると、見た目も妊婦だと分かるぐらいになってきます。胎動も感じられるようになってくるので、お腹の中に赤ちゃんがいるという事をより実感できるようになってくるはず。同時に、安産祈願をしたり、赤ちゃん用品の買出しを始めたりと、出産を意識した行動も増えてきます。安定期に入ってからも、体重管理や産休のタイミングなど、向き合わなければならない事はたえませんが、引き続き無理をせずに余裕を持って過ごしていきたいですね。

【0歳~1歳のママ】妊娠?出産まで、一連の出来事に関するアンケート

調査日時:2017.02.28-2017.03.03

調査人数:420人(23歳~40代までのプレママ・ママ)

外部リンク(マイナビウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス