最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

エスクードに“本命”登場! スポーティな雰囲気もカッコいい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、本命ともいえる1.4リッター直噴ターボを搭載した「エスクード 1.4ターボ(258万6,600円)」が登場した。



このエンジンが“本命”と目されている理由は、欧州市場で順次採用が進んでいる最新型であることに加え、9月にデビューする新型「スイフトスポーツ」にも、このエンジンのハイチューン版を搭載するのではと噂されているからだ。

エスクード 1.4ターボは、1.4リッター直噴ターボの“ブースタージェット”エンジンに6速ATと4WDを組み合わせ、元気で力強いスポーティな走りを実現したコンパクトSUV。



最高出力136ps/5500rpm、最大トルク210Nm/2100-4000rpmというエンジンスペックは、2.0リッターの自然吸気と同レベルで、直噴ターボの特徴である低回転域からの力強いトルクや幅広いシーンでの扱いやすさ、優れた燃費性能を特徴とする。

6速ATにはパドルシフトも備わるから、ドライバーがより自由に加速や減速を操ることができる。JC08モード燃費は16.8km/L。燃料がハイオクではなくレギュラーガソリン指定であることも嬉しい。



また、運転支援システムが既存の「エスクード 1.6(234万3,600円)」より充実している点も見逃せない。約40~100km/hの速度域で作動するACCやミリ波レーダーによる「レーダーブレーキサポートII」のほか、前席エアバッグ+前席サイドエアバッグ+カーテンエアバッグも標準で備わる。



内外装は端的に言ってカッコよくなった。外装では新デザインのフロントメッキグリルをはじめ、ブラック塗装の17インチアルミホイールや高輝度シルバーのドアミラー、さらにはルーフレールを採用し、よりスポーティな雰囲気に仕立てられている。

ブラックを基調とした内装は、ステッチやリング類にレッドアクセントを加えたほか、エンボス加工の本革&スエード調シート表皮、ステンレス製ペダルプレート、6スピーカーなどを専用で装備する。

(zlatan)

画像元:スズキ株式会社


外部リンク(IGNITE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス