最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

世界最大級のシェアバイク「ofo」が日本上陸、9月に東京・大阪でサービス開始 ソフトバンクC&Sと協業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界最大級のシェアバイクプラットフォームを展開するofo(オッフォ)とソフトバンク コマース&サービスは協業し、シェアバイク事業を日本で展開することに基本合意した。

両社は独占的協業を計画しており、ソフトバンク コマース&サービスは戦略パートナーとして、ofoの拠点網の企画・開発、マーケティング領域を担当する予定。9月より、自転車利用が多い東京と大阪よりサービスを展開していく。

ソフトバンク コマース&サービスの取締役の倉光哲男氏は、「日本各地に優れた利便性と環境への貢献を生み出ことができる交通手段であるofoを協業で展開できることをうれしく思っています。ソフトバンクC&Sの主要なビジネス領域であるICT製品の販売、流通、製造事業を活用し、ofoのシェアバイクを拡大することが、日本におけるパーソナルモビリティの新たな提案になるものと確信しています。」とコメントした。

ofoは、2014年に設立。中国・北京に本社を置き、世界7カ国の170都市以上でステーションフリー型シェアバイクプラットフォームを運営している。提供台数は800万台以上で、1日に2,500万回利用されている。


外部リンク(Traicy)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス