最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

村上春樹、太宰治…星野源まで?! 100人の文体で綴る『カップ焼きそばの作り方』が10万部突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月7日に発売した書籍『 もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら 』(宝島社)が、発売2カ月で異例の4刷10万部を突破した。

 本書は、「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」をテーマに、村上春樹や太宰治、三島由紀夫、川端康成といった文豪や星野源、小沢健二といった人気アーティストなど100人になりきり、100パターンの“カップ焼きそばの作り方”を掲載している。

カップ焼きそばの文体摸写は、2016年、著者の菊池良さんがTwitterに投稿した「もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある『作り方』を書いたら。」が、3万件以上もリツイートされたことから火がついた。

その投稿を見た多くのTwitterユーザーから「もしも○○がカップ焼きそばの作り方を書いたら」という文体摸写が次々と投稿され、糸井重里さん本人までもが「糸井重里が焼きそばの作り方を書いたら」を投稿。著名人も参加するほどまでに広がり、ネット上でブームとなったことから、今回の書籍化に至った。書籍化にあたっては、文豪以外にも新たに「週刊文春」や「迷惑メール」などの文体を加え、すべて新規書き下ろし、表紙や本文イラストは『うつヌケ』(KADOKAWA)の著者でパロディマンガの第一人者・田中圭一さんが担当した。

 発売後は、書店員たちにも支持され、店頭でも大きく展開。元ネタとなった文豪の小説や、カップ焼きそばと並べて展開されるなど、工夫を凝らす店舗も多数あり、従来のネット上のファンのみならず、新たな読者を開拓し、実店舗でも盛り上がりをみせている。文芸書が多く売れる大型の店舗でも、ランキング1位に。

▼編集担当者 宝島社 九内俊彦さん コメント


企画が通った当初は、こんなドサブカルな本を初版2万部も刷って大丈夫かなと思っていましたが、田中圭一先生のイラストが決まり、原稿がある程度定まってきた時点で、不安は期待に変わっていきました。

実際、大変多くの方々に受け入れていただき、あっという間の10万部突破。著者ともども大変驚いています。ありがとうございます!

▼『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』の一部を公開


 また、著者の神田桂一さんと菊池良さんに話を聞くと、「出来のよい作り方」に仕上がったのは、神田さんが町田康、菊池さんは村上龍×坂本龍一だという。

一方で、少々てこずったのは、神田さんがトマス・ピンチョンとのことで、これに菊池さんは「資料を読み込まなきゃいけないので、ほぼすべて大変ではありましたが、模写するのが難しかったというのはありませんでした」と語った。

2人は本書のこだわりについて「パロディだとわかるようにし、題材にした方のファンの方々が不快にならないクオリティに仕上げること」としている。

▶︎ AbemaTV(アベマTV)では「 アニメ24チャンネル 」「 深夜アニメチャンネル 」「 新作TVアニメチャンネル 」「 家族アニメチャンネル 」「 なつかしアニメチャンネル 」の5つの専門チャンネルで、多彩なジャンルのアニメ作品を毎日放送中。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス