最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

これやるとオバサン!40代がやりがちな口紅選びの3大NGって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40代のスッピン顔は、口紅を塗るとパッと華やぎます。

けれど、せっかく塗ったリップのせいで、かえって“オバサン顔”になってしまったら……? これって、とっても残念!

「口紅は時短メイクに重宝するアイテムだけれど、どんなシーンでも“若見え”だけは死守したい!」という40代女性の皆さま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、せっかく時短でリップメイクを仕上げても“オバサン顔”になりやすいNGセレクトを3つご紹介します。

NGセレクト1:暗いトーンのカラー



落ち着いた色味で重さがあるカラーをのせてしまうと、くすみが出始めている40代の肌をさらに老け見せてしまうことがあります。

「控えめなメイクにしたい!」をリップメイクで狙いすぎると、ベージュ系レッドやボルドー系リップを選ぶ女性も少なくないのですが、暗いトーンの口紅は疲れていたりやつれ顔に見えやすかったりするリスキーなカラー。

くすんでいる40代の肌に合わせると、唇だけが沈んで見えやすいのです。

この手のカラーを選ぶときには、シアー系をセレクトするなど質感を明るめにしたほうが正解。

シアー系リップには透き通るような質感があるため、“適当に塗ったのに自然なメイク”が作りやすい特徴が。顔色を沈ませないメリットも期待できますので、時短メイクにもなります。

NGセレクト2:明るすぎるトーンのレッド




ミドルエイジの海外セレブたちは、明るいレッドのリップがよく似合っていますよね。

「華やかな印象になるし、私も!」と手を伸ばす40代女性もいるのですが、日本人特有の黄みがかったくすみ肌に明るいトーンのレッドを加えると、かえってオバサン顔を加速させることが……!

レッド系の口紅には顔色が明るく見える効果が期待できるものの、エイジングを重ねている肌には、口元だけ悪目立ちさせてしまうデメリットもあるのです。

「赤を塗っておけば“口紅塗りました!”って感じになって便利」と、時短メイクを意識してあえて選んでいる人もいるかもしれませんが、“時短”にはなっても“時短美容”にはならない悲しい現実も。

しかも「赤い口紅ってオバサンくさいよね」と感じる男性も意外と少なくなく、男性ウケがイマイチな実態もあります。

NGセレクト3:薄づきリップ




ナチュラルメイクが台頭して久しい昨今。そのせいもあってか、薄づきリップの当たり年が続いています。

けれど、くすみが出始めている40代の肌に薄づきリップを無造作に塗ってしまえば、エイジングによる“立てジワ”が妙に目立ってしまってオバサン顔に見えることも!

色付きリップだけの唇メイクは単体で見るとカワイイのですが、肌やメイクと合わせて総合的に見てみると、唇のくすみも目立ってしまいやすいのです。

スッピンフェイスへの色付きリップは【40代の時短美容】になっても、メイクした顔に薄づきリップを塗ると、唇の暗さだけが悪目立ちしやすいのでご注意を。

口紅は、顔を明るく見せつつフレッシュな表情を演出してくれるお道具のはず。

けれど、セレクトをちょっと間違えてしまうとオバサン風の仕上がりになりやすいアイテムでもあるのです。

「脱・オバサン風!」を意識するなら、ただの“時短”ではなく“時短美容”をサポートしてくれる口紅を選ぶよう、ぜひ意識してみて。

これで脱・オバサンが叶う!「時短美容リップメイク」のご法度セレクト3つ【40代の時短美容】

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス