最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

石原さとみ、4年連続「こだわり始球式」が証明した「スポ根美少女」過去!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 石原さとみが8月7日に行われた「サントリー ドリームマッチ 2017」(東京ドーム)で始球式を務めた。

同イベントは、1995年にスタート、日本球界を沸かせた往年の名選手たちが「ザ・プレミアム・モルツ球団」と「ドリーム・ヒーローズ」に分かれて熱戦を繰り広げてきた。紅一点の石原は、今回で4年連続4回目の始球式出場となった。

「初挑戦時は、利き腕のケガのためサウスポーでのピッチングを披露。一昨年は村田兆治氏の“マサカリ投法”、昨年は野茂英雄氏の“トルネード投法”を彷彿とさせるナイス・ピッチングを見せた。今年はオファーされてから猛練習を繰り返したという山田久志氏の“サブマリン投法”にトライ。動画を繰り返し観て分析を続け、投げ込みを重ねた。『使わない筋肉を使うので湿布の日々でした』と苦労話を明かした。本番では惜しくもワンバウンドになってしまったが、堂々とした投げっぷりで観客席は大興奮。アイドルの始球式といえば、趣向を凝らしたユニフォームが話題になるが、石原は地道な努力を重ねたピッチングで場内の目を釘付けにした。いやあ、頭が下がるね」(スポーツ紙記者)

4年連続で起用されても、毎回見せ場をきっちり作る。さすが、プロである。

「石原は一般的に清楚系清純派女優というイメージが強いが、実は正反対。小学校時代から体育が得意なスポ根美少女だった。バスケットボールやバレーボールに打ち込み、男子相手にドッジボールをやっては負け知らずの猛者だったそうだ。運動神経の良さは校内に知れ渡り、足の速さでリレーの選手に選ばれていた」(芸能ライター)

来年も、ぜひその華麗なピッチングを披露してほしいものだ。

(塩勢知央)

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス