最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

この子と話してると楽しい!「また会いたい女子」になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


話していて楽しい気分になれる女性とは、男性も「また話したい」と思ってくれるはずです。

そして、その回数が多くなれば、「話したい」から「一緒にいたい」と気持ちが変化し、恋愛へと発展していくことでしょう。

そこで今回は、男性心をつかむ「会話術」を紹介します。

■1.「前のめり」で話を聞く
「僕の話をちょっと前のめりになって聞いてくれるとうれしいですね。興味を持ってくれているのを強く感じるので、話にも力が入ります」(27歳/男性/公務員)

気になる男性と会話をしているときに何よりも重要なのが、どういう話の聞き方をするかという点。一番の理想形は、ちょっと前のめりになって興味津々な様子で聞くことです。

よそ見をしたり、スマホを触ったり、爪をイジったりしながら聞かれたりしたら、男性のテンションは一気に下がってしまいます。恥ずかしがらずに、ちょっと身を乗り出して目を見つめながら聞いてあげると、さらに印象は良くなりますよ。

■2.話を途中で「さえぎらない」
「話をちゃんと最後まで聞いてくれる子だと、こっちも話し甲斐がありますよね。途中でさえぎられたりすると、もう話す気も失せてしまいますからね」(28歳/男性/出版)

男性がまだ話をしている途中なのに、その話をさえぎって自分が話をし始めてしまう。これって、意外と多くの女性がやってしまいがちな行為ですが、話している男性からすると、かなりイライラして腹が立つもの。

男性の話は途中でさえぎらずにちゃんと最後まで聞く。それを実行するだけで、男性には「話していて楽しい女性」だと思ってもらえますよ。

■3.「教えてもらう」ようにする
「教えてほしいという形で色々と聞かれたりすると、こっちも教えてあげたくなりますね。会話も盛り上がるので、ずっと話していたくなったりもします」(29歳/男性/システムエンジニア)

会話中にも、男性のプライドをくすぐってあげることができたら、話していてテンションも上がるはず。そのためには、男性に「教えてもらう」ようにするのがベストです。「それってどういう意味なんですか?」とか「そんなことってよくあるんですか?」などと聞いてあげると、さらに男性の話も膨らみます。

特に、男性の得意分野に関しては、色々と教えてもらうようにすると、男性も胸を張っていい気分で話せるでしょう。

■4.あえて短めに「切り上げる」
「もっと話したいなってところで終わりになっちゃうと、なんかその子のことが気になっちゃいます。また話をしたいなって、本気で思える瞬間かもしれません」(27歳/男性/美容師)

好きな男性と話しているときは、いつまでもずっと話していたいという気持ちになるでしょう。でも、そこをあえて短めに切り上げると、男性の中で「もっと話したい」とか「早くまた話したい」という思いが湧きあがるもの。

そうなれば、男性はもうあなたに夢中になってしまうでしょう。ダラダラと長話をするとだれてしまったりもするので、キリのいいところで一旦終わりにするのも大事なことですよ。

■おわりに
直接顔を合わせての会話というのは、男女の仲を深めていく上でも、とても大事なものです。良好なコミュニケーションが取れる女性とは、男性も心を開いてくれやすいですし、特別な存在としても感じてくれることでしょう。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス