最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

駐機中の航空機に雷直撃 空港職員が感電し重傷(米)<動画あり>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米フロリダ州フォートマイヤーズにある空港で、このほど駐機中の飛行機に雷が落ち、すぐ側で作業をしていた職員が感電する事故が発生した。『NBC-2.com』や『Toronto Sun』『Daily Record』など複数メディアが伝えた。

7月22日、フォートマイヤーズのサウスウエスト・フロリダ国際空港で地上作業員として働いていたオースティン・ダンさん(21歳)が、落雷の被害に遭った。

オースティンさんは嵐の中で屋外勤務しており、サン・カントリー航空機の右翼の下にいた。ちょうどその時、雷が航空機の尾翼部分を直撃、その電流が機体を通って彼の右手に流れ抜けた。オースティンさんはショックで意識を失い、その場に倒れた。

同じく地上で作業をしていた職員が駆けつけ、オースティンさんはタンパ総合病院へ搬送されたが、右手、両脚、胸などに3度の火傷と脳内出血を起こし、記憶障害もみられるようだ。他にも筋肉や神経がダメージを受けたが、治療が行われると徐々にではあるが回復を見せているそうだ。

父のカイルさんは自身のFacebookで息子の様子を投稿しており、8月1日には「息子はよく眠って、心身ともに少しずつ回復しているといった状況です。脳内出血は止まりましたが、右手の火傷が深刻でいずれ手術をすることになりそうです」と報告した。

またオースティンさんの姉は、米メディア『Today』の取材に「弟は、やはりこの事故がトラウマになっているようです。こんなに酷い状態にもかかわらず、命が助かったのは本当に奇跡です」と涙ぐみながら語っている。今回、テックインサイトはカイルさんに取材を試みたが、回答は得られなかった。

現在オースティンさんは退院しており自宅で療養中とのことだが、今後の神経形成手術や治療などには高額な費用がかかるため、親族は寄付金サイト「GoFundMe」でアカウントを設置しサポートを求めている。

空港職員によると、落雷の直前に半径8マイル(約12.8km)以内であれば反応する雷検知器のアラームが鳴ったという。なぜ今回、オースティンさんが嵐の中で作業をしていたのかは分かっていない。

なお7月には、カナダ・ニューブランズウィック州のウッドストックで娘の結婚式に参加した父親が、マイクを持ってスピーチをしていたところに落雷した。稲妻は父親が持っていたマイクの電線に落ちたようだが、幸いにもたいした怪我はなかったという。

画像は『Kyle Dunn 2017年7月28日付Facebook』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス