最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

伊藤歩、『セシルのもくろみ』の“本気ダンス”に反響「アドリブですか!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年に大ヒットしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の“恋ダンス”がそうだったように、ドラマのエンディングで出演者たちがパフォーマンスを見せるのはもはや定番になっている。現在放送中のドラマ『セシルのもくろみ』も、真木よう子や吉瀬美智子らがテーマ曲に乗せて様々な表情を見せている。そんななか、メインキャストの1人である伊藤歩がSNSでその撮影風景を投稿。役柄とは一味違ったセクシーな姿とキレのあるダンスに、ファンからは驚きの声があがっている。

伊藤歩は8日、自身のInstagramを更新。出演中のドラマ『セシルのもくろみ』エンディングの撮影風景を投稿した。

動画ではドラマ主題歌である『TAKE MY HAND』に合わせて、軽やかにダンスを踊る伊藤の姿が映っている。ドラマでは真木よう子演じる主人公・宮地奈央とタッグを組む契約ライター・沖田江里に扮している伊藤。猪突猛進タイプの熱い女性を好演しているが、エンディングでは一転してセクシーな魅力を存分に発揮しているのだ。フォロワーからは「カッコイイ」「同性だけど惚れる」と称賛の声が相次いだ。

また、音楽に合わせ違和感なく体を動かす姿に「アドリブですか!?」と驚くファンも見受けられた。実は伊藤、クラシックバレエの経験者である。名だたる女優陣の中で一際キレのある動きを見せていたのは、その影響もあるのだろう。

これまで様々な作品に出演し演技には定評のある伊藤だが、ファンからは「歩さんのダンスが一番魅力的」「カッコよすぎて何回も見てます!」との声もあがっており、意外な特技がドラマの盛り上げに一役買っているようだ。

(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス