最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

40代以上の独身者は生きていて何が楽しいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個々の価値観やライフスタイルが多様化し、「結婚がすべて」という考え方はなくなりつつある昨今。しかしながら、生涯独身の可能性が高まってくる年代になると、様々な不安やリスクが高まってくるのは事実。「教えて!goo」には「40代以上の独身者は生きてて何が楽しいですか?」という質問が寄せられている。少々刺激的なタイトルだが、切実な悩みが詰まっているこの投稿。そこで、40歳以降の独身者が楽しく生きるために必要な心構えや対策について、専門家に聞いてみた。

■独身でも不安にならないためには?

40歳を超えて独身の場合、様々な将来の不安がつきまとうことになる。両親の介護や別離、自らの健康不安、老後の資産、葬儀の手配……など、挙げればキリがないが、相続・終活コンサルタントの明石久美さんによれば、「知らないから不安になるだけ」だという。

「例えば、40歳以上の女性の中には、独りでの生活や孤独死に対して不安に感じている方が多くいます。その場合、住まいを変えられるのであれば、友人同士で近所に住む、シェアハウスで暮らす、老人ホームに行く、などの方法があります。または、専門家と見守り契約を結んだり、自治体から支援してもらうなど、定期的に訪問や電話により連絡を取り合うことで、本人の健康状態や判断能力の状況を確認してもらうこともできます。最近では、部屋のなかに機械を置き、センサーで生きているかどうかチェックしてもらうこともできます。色んな対策があるので、自分がどんな生き方をしていきたいかを含めて考えることが必要です。自分がどうすればいいのかさえ分かれば、やみくもに不安になることはありません」(明石さん)

親やきょうだい、親戚も近くに住んでおらず、「いざというときに頼る人がいない」という人は、依頼できる相手を見つけることが必須。ただし、専門家と契約を結ぶ際には、当然ながらお金が必要だ。

「生活保護も受けられない、資金もないという場合が最も厄介ですが、その場合は社会福祉協議会や地域包括支援センターなど、福祉関係の団体に依頼する方法があります。ただし、専門家に依頼する場合と比較して、できる範囲が限られていたり、手厚いサポートが受けられるとは限りませんので、自分の思うようにはいかないこともあります」(明石さん)

となると、やはりまずは自分がどのような生き方をしたいか決めることが必要不可欠。その上で必要となるお金を貯めたり、その道に詳しい人に話を聞くなど、やるべきことが明確になれば先行きのない不安感もだいぶ軽減されるのではないだろうか。

■イキイキした独身者とそうでない独身者、何が違う?

40代以上で独身と一口に言っても、人生を謳歌しているタイプの人もいれば、毎日がつまらないと嘆いている人もいる。両者は、一体何が違うのだろうか?

「40代くらいになってくると、結婚したい人と結婚を諦めている人、2つのタイプに分かれます。結婚できる可能性を諦めていない人は、そこまで悲観的になっていないことが多いですね。頼れるきょうだいがいる場合も同様です。反対に、結婚を諦めていてきょうだいもいない人だと、悲観、楽観どちらかに分かれます」(明石さん)

未来を悲観しすぎるのも考えものだが、生涯独身を覚悟していて、きょうだいもいない場合、やはり何らかの対策は考えておいた方が良いだろう。結婚は縁もあり、きょうだいは今さら増やすことはできない。しかし、考え方は自分次第で変えられるものだと明石さんは続ける。

「考え方次第で、人生はより楽しくなるものだと思います。人の顔色ばかりを窺って生きている人と、我が道を突き進んでいる人であれば、後者の方が幸せそうですよね。老後の問題を考えるときによくコミュニケーションが話題になりますが、コミュニケーションがどうしても苦手な人だっています。皆といるからイキイキしていて、一人だから孤独というわけではありません。自分は自分らしく、心から楽しいと思えることをしていればいいのではないでしょうか」(明石さん)

家の中にいて楽しいのであれば、無理して外に出る必要はないのだという。そもそも、一人の時間を楽しめず、他人と比べてばかりの人は、結婚していたとしても心から幸せとはいえないはず。自分が何をしているときが一番楽しめるのか、問いかけてみよう。

●専門家プロフィール:明石 久美
明石シニアコンサルティング代表。これから相続コンサルネット理事長、エンディングマガジン編集長。ファイナンシャルプランナー(CFP/1級)、葬祭アドバイザー、シニアライフアドバイザーなどの資格を有し、生前対策や相続手続きなど、老後の問題を幅広い視点で総合的にサポートしている。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)


外部リンク(教えて!gooウォッチ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス