最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

本人の脂肪を注入する陰茎増大手術が失敗 スウェーデンの男性が死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペニスのサイズアップを図る陰茎増大手術というものが男性の間で話題になることがある。本人の下腹部などから脂肪を抜き取りペニスに注入するというのも1つの方法だが、スウェーデンで死亡例があったことが医学誌『Journal of Forensic Sciences』に報告された。米メディア『Fox News』などが伝えた。

ペニス増大手術には現在複数の方法があるようだが、本人の脂肪を注入することの最大の利点は異物を使わないこと、そして注入した量の3~4割が永久に定着するため長い効果を期待できることにある。ところがこの施術を受けたスウェーデン・ストックホルムの30歳男性がその後に死亡した。男性は健康で気になる既往歴もなかったという。

執刀医はまず男性の腹部から約57グラムの脂肪を抜き取り、それをペニスに注入。だがその最中に男性の心拍数が急上昇し、酸素レベルと血圧が急激に低下した。さらにその30分後に顔面蒼白となり心臓発作を起こしたという。心肺蘇生法ほか可能な措置の限りを尽くしたが、男性は2時間後に死亡が確認された。検死の結果、男性の静脈から入った脂肪が肺に運ばれたことがわかり、死因は脂肪細胞が血管を塞栓させて起こる「脂肪塞栓症」と特定された。これは骨折などがあった際、骨髄の中の脂肪が血液中に入って脳や肺などに運ばれ、細い血管を詰まらせることなどで知られている。

世界では毎年約8,400人の男性がこうしたペニス増大手術を受けているとのデータもある。この脂肪注入法はシンプルかつ安全な手術だと思われてきたが、この男性は最初にペニスを長くし、続いてペニスを肥大させるという2段階の手術を受けていた。陰茎の根本付近を切開する際に静脈に傷がついて脂肪がそこに入り込んだ可能性が高く、誤って注入というよりこのコンビネーションそのものがむしろ危険であることが分かってきたという。

『Translational Andrology and Urology 2017』に掲載された論文によれば、ペニスのサイズアップを希望する男性のほとんどが実は平均的なサイズで男性機能も十分であるとのこと。体調不良に由来する勃起不全やマイクロペニスに苦しむ患者はむしろ少ないらしい。米国病院ランキングで常にトップを行く「メイヨー・クリニック」の泌尿器科医師、トビアス・コーラー博士も『BuzzFeed News』の取材に「不必要なペニス増大手術を受けたことがダメージにつながり、むしろ術後に勃起障害に苦しむことになってしまった患者すらいる」と安易な手術に警鐘を鳴らした。

画像は『Fox News 2017年7月31日付「Penis enhancement surgery results in man's death」(iStock)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス